エンタメ

「疑惑」2019評価。米倉涼子、黒木華VS岩下志麻、桃井かおり!?

190204疑惑見た?黒木華と桃井かおりどっち?

松本清張ドラマ「疑惑」が2019年2月3日、テレビ朝日、 21時00分~23時05分で放送されました。

この作品は1982年松竹映画で岩下志麻、桃井かおりのキャストで公開され,
日本アカデミー賞優秀作品賞や桃井かおりが優秀主演女優賞を受賞するなど当時話題の作品でした。

受賞歴
1982年度「キネマ旬報ベストテン」第4位
第6回日本アカデミー賞優秀作品賞、優秀監督賞(野村芳太郎)、優秀脚本賞(古田求、野村芳太郎)、優秀主演女優賞(桃井かおり(『青春の門 自立篇』と併せての受賞))、優秀助演男優賞(柄本明(『セーラー服と機関銃』等と併せての受賞)、鹿賀丈史)、優秀音楽賞(芥川也寸志(『幻の湖』と併せての受賞))、撮影賞(川又昂(『道頓堀川』と併せての受賞))、照明賞(小力松太郎(『道頓堀川』と併せての受賞))、録音賞(原田真一(『道頓堀川』と併せての受賞))
第37回毎日映画コンクール日本映画優秀賞、脚本賞(古田求、野村芳太郎)
第7回報知映画賞主演女優賞(桃井かおり)
出典:ウィキペディア2019/2/4 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%96%91%E6%83%91_(%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E6%B8%85%E5%BC%B5)

その後も京都南座の舞台や、テレビでも繰り返し制作され今回テレビでは5回目となりました。

そうしたことから、
視聴者から弁護士を演じた岩下志麻と米倉涼子、
毒婦白河球磨子を演じた桃井かおりと黒木華を比べて
感想を述べる声があがっています。

スポンサードリンク

1982映画「疑惑」と比較して2019TV「疑惑」が劣っているという声

昨日の疑惑はコンプライアンスや無理に平成の世に合わしてたから、米倉涼子すらリーガルVに見えてしまった。役者さんや原作のいいところが出てなくて残念。やっぱ桃井かおりと岩下志麻
やっぱり松本清張は昭和設定でやらないと原作の良さが出しにくい。粗野とか野蛮のレベルをポリコレが邪魔して演者が低評価されてしまう気がする。
法廷での佐原とクマコのシーンは、なぜ検察側が止めないの?って思うくらい聞いてられないやりとりだった。ポエムかよ。クマコが佐原に分かってくれてうれしい!みたいなこと言ってたけど、これも芝居だよね🙋と期待してたのでがっかり。桃井かおりならそんな簡単に素直になったりしないよ。
もう松本清張物になると止まらないんだけど(笑)、 #疑惑 は桃井かおり岩下志麻、一年半待ては小柳ルミ子、百円硬貨はいしだあゆみ、わるいやつらは松坂慶子。
昭和のあの感じを出すのは、平成設定では難しいね。もう。
主人公が「女はみんなそうでしょう?」って何度も毒づくんだけど、これ、今共感できる人は少ないのでは?というか、印象が違ってしまう。昔は男に養って貰わなきゃならないのが女の常だったから、そういう社会が舞台だからこそのこの台詞。裏を返せば、世の中もなかなかに変わっていたんだなぁと改めて思った。#松本清張 の作品をやるならば、やはり時代設定は当時のままの方が、いや、当時のままでないと、ならなかったのではないかなぁ……。
やっぱり桃井かおりと岩下志麻の印象が強すぎるんだよなぁ。あの二人の火花がバチバチ見えるような迫力ある演技は、なかなか越えられないんじゃないかなぁ。もう一度見たくなった。

スポンサードリンク

1982映画「疑惑」と比較して2019TV「疑惑」の方が良かったという声

きのうのテレ朝「疑惑」は黒木華ちゃんががんばってた。最後には佐原とクマコが分かり合えて終えたのは映画版と同じにしては絶対に超えられないと思ってのことかな。でもな、この作品の醍醐味は、最後までクマコが黒なのか白なのか分からないところだと思うのよー!
スポンサードリンク

1982映画「疑惑」など関係なく2019TV「疑惑」についての声

佐原先生は球磨子がどんな行動をしてどんなに攻めて来ても、対峙してる間は絶対に引かないし、あえて揺さぶる事も避ける事もしなし。佐原先生の方が一枚上手なのがそこに出てた。米倉さんの圧倒的存在感がこれでもかってくらい効いてた。
クマ子安藤サクラで観たいって人が多くて、ああ、観たい。思うのであった。
時間ないから触りだけ観たけど、華ちゃんイイじゃん!!ステレオタイプな悪女じゃなくて強かさが出ていて良き。そして何より可愛い。後でちゃんと観る。

ばかぼん チュー 😻スキ 〜〜 ( ; ; )︎❤︎動画

ばかぼん 可愛い 〜〜 🥺💗 動画

米倉涼子が最後の笑顔で手振るの可愛すぎる︎❤︎津川雅彦さんもいる 動画

私、米倉涼子好きなんだけど、 #疑惑 とか何か松本清張物には米倉涼子みたいに最近なってるけど、全然合ってないと思うし、米倉涼子は米倉涼子に似合う役をやってほしい。
佐原先生は球磨子がどんな行動をしてどんなに攻めて来ても、対峙してる間は絶対に引かないし、あえて揺さぶる事も避ける事もしなし。佐原先生の方が一枚上手なのがそこに出てた。米倉さんの圧倒的存在感がこれでもかってくらい効いてた。
つーか、アタシ、ホントにこの作品大好きなんだな。
昨日からこれ関連のことばかり言ってる。
原作も頂点の映画も知らないのでなんとも言えないけど、タイトルの #疑惑 って作中の女が夫を殺したのかどうかということがメインで肝だよね。じゃあ最後、無理心中で無罪になったら女は自由になるけど保険金はおりないよね。女は最後まで純愛だったということ?そんな爽やかな終わりでよかったのか
見終わった。大きく括ってあのひと場面だけwww米倉さんは終始良かったな。コメさんに、少し古めかしいような、いやでもとても美しい日本語を喋らせるのは、とても素晴らしいことと思う。
球磨子にフロントガラス拭かせに行ってる間に、ブレーキペダルの下に靴とスパナを挟んでブレーキ踏めなくしたって言うけど、それだと発進する際にギア入れられないじゃん……

何このイージーミス……
詰め甘くない?

アタシがキャスティングするなら

珠磨子=安藤サクラか満島ひかり
佐原弁護士=松たか子か中谷美紀

ですかね~

安藤サクラは我ながら絶妙だと思う。

黒木華ちゃんはけもなれの時も思ったけど、何考えてるかわからない不思議系やらせると本当うまい。今回はそれの思い切りブラック版だったけど。狂気じみたイライラさせる言動が本当にうまい。米倉さんは安定感
スポンサードリンク

まとめ

1982映画「疑惑」と2019TV「疑惑」を比較して見る人がたくさんいらっしゃいますね。

松本清張原作の「疑惑」という物語の主題はいつの時代も変わらないのでしょうね。

でもさすがに、原作がオール読物で1982年に発表されてから40年近く

当時は公衆電話、今はスマホの時代、制作側はたいへんご苦労されたことでしょう。

桃井かおりさんがこの時代を代表する女優さんであることは間違いないようですね。