第三者賠償事故

和歌山鉄パイプ落下死亡事故現場場所どこ!書類送検!名前は!

スポンサードリンク

和歌山市で2019年、工事中のビルから落下した鉄パイプが直撃し、通行人の26歳男性銀行員が死亡する事故がありました。
看板足場の解体作業をしていたビルの下を歩いていた時に、突然落下してきた鉄パイプが直撃したのです。
被害に遭われた方には何の落ち度もなく、事故を起こした建設業者の責任が厳しく問われる事案です。
この度、和歌山県警の動きが報じられましたので見ていきましょう。

スポンサードリンク

和歌山鉄パイプ落下死亡事故ビル現場場所どこ!画像!地図!

スポンサードリンク

和歌山看板足場解体工事で鉄パイプ落下死亡事故で書類送検!実名報道!

スポンサードリンク

和歌山看板足場解体工事で鉄パイプ落下死亡事故で書類送検!世間の反応

建設現場から物が落下する事案は、結構毎年発生していると思います。だから建設現場の下はなるべく避けるし、通る時も上を見ながら早足で通るようにしています。
和歌山で鉄パイプが落下してサラリーマンが死んだ事故、あれのちょっと前にも鉄パイプ落下事故起こしてたんだってよ‥‥ひでぇなあ‥‥亡くなったサラリーマンはまだ26歳だってよ。最初の事故で防止策をちゃんとしてりゃ、この人は死なずに死んだはずなんだぜ。
和歌山・パイプ落下死亡事故、2人を書類送検。事故の4日前にも鉄パイプが落下・・・昨年11月に起きた痛ましい事故でした。
現場では事故の4日前にも誤って鉄パイプが落下していたにもかかわらず防止対策を徹底していなかったということです。
死亡事故をめぐっては、和歌山労働基準監督署も2年5月、工事で足場解体の際に必要な点検をしなかったなどとして、労働安全衛生法違反容疑で2人を書類送検している。
スポンサードリンク

和歌山鉄パイプ落下死亡事故ビル現場場所どこ!書類送検名前は!まとめ

最後までお読みいただき有難うございました。
不注意で鉄パイプを落下させ死亡事故を起こした建設業者は、事件の数日前にも鉄パイプを落下させていたそうです。
あまりにも悲惨な事故です。
5月には安全衛生法違反で、今回、業務上過失致死の疑いで書類送検となりました。
民事責任の報道は見当たりませんでしたが、賠償請求額について裁判が進められるものと思われます。
被災者が26歳の銀行員の方でしたので、相当高額な賠償額になるものと思われます。
亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

あわせて読みたい
サムネ191120酒直ビル鉄パイプ落下通行人死亡事故
酒直ビル鉄パイプ落下で通行人死亡!足場解体中!現場は?業者名は?2019年11/19(火) 13:39配信共同通信によりますと、和歌山市のビルの足場解体作業中に鉄パイプが落下し、通行人の頭を直撃、死亡...
あわせて読みたい
サムネ191120酒直ビル元請下請業者特定捜索中
酒直ビル鉄パイプ落下死亡事故関係2業者を特定!捜索!どんな会社?2019年11月20日 11/20(水) 12:35配信共同通信によりますと、和歌山市の酒直ビルで、足場から鉄パイプが落下し男性が死亡し...
あわせて読みたい
酒直ビル鉄パイプ落下!ヒロケンの作業員「誤って落とした」と供述!2019年11/21(木) 12:07配信関西テレビによりますと、和歌山市でビルから鉄パイプが落下し、通行人の男性が死亡した事故で、足場...