コロナウィルス

スペイン帰国後陽性10代女性の名前顔画像!待機要請無視理由や原因!

サムネ200322スペイン帰国後陽性10代女性待機要請無視して沖縄帰郷
スポンサードリンク

スペイン旅行より成田空港に帰国した家族と親戚6人連れがPCR検査を受け、21日結果が出るまでの待機要請を受けていましたが、要請を無視して20日のうちに沖縄に移動していたとの事です。そのうち陽性反応が出た10代女性の名前や顔画像、そして家族が待機要請を無視した理由を調べてみました。

スポンサードリンク

スペインから成田帰国の沖縄在住の10代女性が陽性。待機要請無視して沖縄移動。事件の経過

沖縄県は21日、スペイン旅行から20日に帰国した本島中部在住の10代の女性が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。
ウイルス検査をした成田空港検疫所が20日午後11時ごろ、陽性反応を確認した。

女性は無症状の感染者だった。
県は空港検疫での症例のため県内発生に含まれないとしているが、県内在住者の感染確認は4人目で10代は初めて。
女性は検査結果が出る前に沖縄に移動し帰宅した。
県は女性の行動歴や接触者などについて調査している。

記事中200322スペイン帰りの沖縄10代女性陽性

県によると、女性は高校生以下の学生で、家族と親戚6人で13日からスペインのマドリードを旅行した。
家族や親戚5人の検査結果は陰性だった。

女性らは20日に帰国し成田空港検疫所で検査を受け、結果が出るまで空港で待機要請を受けていたが移動。
羽田空港を経由して那覇空港に到着し自家用車で帰宅した。

 21日午前8時ごろ、成田検疫所が保護者に検査結果を報告。
県には午前11時25分、那覇空港検疫所を通して連絡があり、午後2時半から県危機管理対策本部会議を開き、対応を協議した。
女性は無症状だが、同日午後6時ごろから感染症指定病院で入院に向けて手続きに入った。
女性は帰宅以降、外出はしていないことから、県教育庁は現時点で女性が通う学校の休校は考えていないとしている。

女性らは成田空港から羽田空港まではバスを利用した。
6人以外に乗客はいなかったという。
那覇空港行きの搭乗便について県は女性の前後1列の乗客を濃厚接触者と判断。
現時点で、家族以外に前列に座っていた2人と帰宅の際に迎えに来た父親1人の計9人を濃厚接触者として健康観察する方針だ。

 県は航空会社に問い合わせ、女性と第三者の接触の可能性を調べている。
女性が帰宅後は外出していないことを踏まえ、搭乗便名や学校名については公表する段階にないとした。

 女性ら家族が検査結果が出る前に移動したことについて、会見した県保健医療部の砂川靖部長は「待機要請には応じてもらいたかった」と述べた。

出典:2020年3月22日 10:12 琉球新報 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1094015.html

スポンサードリンク

スペイン帰国後成田空港検疫所の待機要請無視し沖縄移動した陽性判定の10代女性の名前や顔画像?

県は航空会社に問い合わせ、女性と第三者の接触の可能性を調べている。
女性が帰宅後は外出していないことを踏まえ、搭乗便名や学校名については公表する段階にないとした。

住所:沖縄県本島中部在住

名前:調査中 

年齢:高校生以下の学生で10代

「自分達だけは大丈夫」
と何故、思うのか。
スポンサードリンク

スペイン帰国後陽性10代女性!待機要請無視した理由や原因は?

6人連れの旅行で、費用やスケジュールも限られている。スペイン旅行も出発は禁止されていなかった。成田空港検疫所の待機要請もあくまでも要請にすぎない。待機要請を受け入れた場合の余計な費用出費はどうなるのか?国の新型コロナ対策ルールが不十分だともいえる!
この家族、親戚はただただ自分たちのスケジュールを優先しただけのようだ。ただあくまでも待機要請であることも無視できない。本当に国民の命を優先するためには、待機命令でなければならない。そしてそのための余分な費用を国が補償しなければならない。これでは要請を無視した家族が非難を浴びるばかりではないか!
なんのために休校になったのか理解できなかったんだろうか…。時期的に擁護はできんなぁ…。
平和ボケ過ぎて緊張感なさすぎ…