事件

上益城消防組合50代パワハラ上司は誰!名前や顔画像!部下係長自殺!

サムネ 上益城消防 パワハラ自殺 
スポンサードリンク

上益城消防組合消防本部で、部下の係長をパワハラによる自殺に追い込んだとの第三者委員会の報告をうけ、上益城消防組合(管理者・奥名克美甲佐町長)は19日付で、元上司の50代男性消防司令のパワハラ行為と自殺との因果関係を認め、停職6カ月の懲戒と2階級降格の処分としたとの事です。
処分を受けたパワハラ上司の名前や顔画像は発表されているのでしょうか?事件の概要やネットの反応を調べてみました。

スポンサードリンク

上益城消防組合50代パワハラ上司は誰!名前や顔画像!部下係長自殺!パワハラの概要について

上益城消防組合消防本部の男性係長=当時(46)、熊本県山都町=が昨年5月に「上司からパワーハラスメントを受けた」と書き置きして自殺した問題で、上益城消防組合(管理者・奥名克美甲佐町長)は19日付で、元上司の50代男性消防司令のパワハラ行為と自殺との因果関係を認め、停職6カ月の懲戒と2階級降格の処分とした。

組合が昨年8月に設けた第三者委員会が20日、調査結果を組合議会に報告。昨年4月の異動後、元上司と男性の2人のみの業務の中で、「仕事を丸投げして内容を教えず、質問したことも非難した」「同僚や業者の前で大声で叱責[しっせき]した」などとして、「業務の適正な範囲を超えて精神的な苦痛を与えた」とパワハラを認定した。

加えて、異動に関する不安や不満も自殺の原因とした。
組合の対応も問題視し、「職場環境を抜本的に見直すべきだ」と組合に再発防止を提言した。

組合議会は報告後、臨時会を開催。

奥名町長と副管理者の嘉島、御船、山都3町長の組合特別職の2019年度分報酬をなくす条例改正案を可決した。

長田聖一消防長と、男性から昨年3月、相談を受けて異動情報を漏らした別の50代男性消防司令は訓告処分とした。

臨時会後の記者会見で長田消防長は「再発防止と信頼回復に努めたい」と謝罪。元上司については「自分の言動がハラスメントという認識がなく、男性や家族への謝罪の意思は見えない」とした。

議会と会見を見守った男性の妻(47)は「パワハラが認められて、夫の無念は少し晴れたと思う」と声を絞り出した。

元上司については「夫がなぜ死んだのか理解していない。反省して謝ってほしい」と悔しさをにじませた。(九重陽平、立石真一)

出典:3/21(土) 8:07配信熊本日日新聞<ヤフージャパンニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200321-00000001-kumanichi-l43

スポンサードリンク

上益城消防組合50代パワハラ上司は誰!名前や顔画像!部下係長自殺!

遺族らによると、男性は組合に27年間勤務。

4月に消防署から本部に異動した。

5月6日夕、家族に「明朝から会議があるので、今から本部に行って泊まる」と言って外出し、行方が分からなくなった。

7日午後、山都町内の公園で発見され、死亡が確認された。

家族や組合に宛てた書面も見つかり、「パワハラを受けた」として複数の上司の名前が書かれていたという。

出典:西日本新聞 2019/6/11 6:00 (2019/6/11 9:55 更新)https://www.nishinippon.co.jp/item/n/517476/

パワハラ上司のプロフィール

年齢:50代

当時の職責:消防司令

処分内容:停職6カ月の懲戒と2階級降格の処分

名前:調査中

顔画像:調査中

人を一人自殺に追い込んで懲戒免職にならないのか!?
スポンサードリンク

上益城消防組合50代パワハラ上司は誰!名前や顔画像!部下係長自殺!ネットの反応

…それですむの?
上益城消防の職員自殺。元上司のパワハラ認定で停職6ヶ月と2階級降格とな。2階級降格とは相当な処分です。
GW最終日の夕方…どんな気持ちで家族に別れを告げたのだろう
徹底した調査を