事件

海鮮三崎港菖蒲モラージュ店画像!アニサキス食中毒処分!京樽サイト!

サムネ海鮮三崎港・菖蒲モラージュ店で食中毒 アニサキス
スポンサードリンク

海鮮三崎港菖蒲モラージュ店がアニサキス食中毒で保健所の処分をうけました。海鮮三崎港菖蒲モラージュ店の画像や、京樽のサイト、モラージュ菖蒲のサイト、ネットの反応を調べてみました。

スポンサードリンク

海鮮三崎港菖蒲モラージュ店でアニサキス食中毒発生!事件の概要!

埼玉県は18日、久喜市のすし店「海鮮三崎港 菖蒲モラージュ店」で、アニサキスによる食中毒が発生したと発表した。

幸手保健所は食品衛生法に基づき、同店を営業する京樽(東京都中央区)に対し、18日から2日間、同店で営業停止とする行政処分を行った。

県食品安全課によると、15日に同店で生イワシや生アジなどのにぎりと軍艦巻きなどを食べた2人のうち、50代の男性1人が腹痛を訴え、さいたま市内の医療機関を受診した。

男性からアニサキスが摘出されたことや、潜伏期間などから同店が食中毒の原因と断定された。

寄生虫のアニサキスはサバやサンマなどの天然魚に多く、新鮮なうちは魚介類の腸管内にいるが、劣化すると筋肉などに移行する。

加熱やマイナス20度で24時間以上の冷凍により予防できるが、同店では冷凍していなかった。

アニサキスが寄生した魚介類を食べると、胃や腸にかみつき、激しい腹痛やアレルギー症状を引き起こすことがある。

県内ではこの2週間でカンピロバクターやノロウイルスなどが原因の食中毒が4件発生している。

出典:3/19(木) 9:31配信埼玉新聞<ヤフージャパンニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-00000005-saitama-l11

スポンサードリンク

海鮮三崎港菖蒲モラージュ店の場所や画像!

〒346-0106 埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲6005−1

青魚…気をつけよ…口を開けて冷や汗をかいた顔
あらーアニー見落としちゃったかー
スポンサードリンク

海鮮三崎港菖蒲モラージュ店がアニサキス食中毒で行政処分!保健所処分内容!

埼玉県【食中毒を発生させた施設の行政処分について】の公式サイトはこちらをクリック

スポンサードリンク

保健所処分の海鮮三崎港菖蒲モラージュ店について、京樽やモラージュ菖蒲のサイトの対応?

京樽のサイト

京樽公式サイトトップページはこちらをクリック

京樽公式サイト【食の安全への取組】はこちらをクリック

モラージュ菖蒲のサイト

モラージュ菖蒲公式サイトトップページはこちらをクリック

モラージュ菖蒲公式サイト【海鮮三崎港菖蒲モラージュ店】ショップページはこちらをクリック

 

 

埼玉県のサイトのみ処分発表で、京樽やモラージュ菖蒲のサイトには見る限りにおいて発表されていませんでした。2020/3/19/13:oo時点。食中毒を発生させた側の対応としてこれでよいのでしょうか?
スポンサードリンク

アニサキス画像

スポンサードリンク

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

アニサキス食中毒こわいですね。