事件

神戸市神出病院患者虐待の和田元規の顔画像プロフィール!場所画像!

スポンサードリンク

3/4(水) 11:54配信朝日新聞デジタルによりますと、神戸市西区神出町勝成の精神科病院「神出(かんで)病院」で、入院中の男性患者に強制わいせつや、暴行、監禁などで、兵庫県警は4日、同病院の元看護助手和田元規と看護師ら男6人を準強制わいせつや暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕したとの事です。詳しく見てみましょう。

スポンサードリンク

神戸市神出病院元看護助手和田元規はじめ看護師ら男6人が精神疾患入院患者への強制わいせつ、暴行、監禁で逮捕!事件の概要!

看護師ら6人、精神科患者を虐待容疑 キス強要・放水…
出典 3/4(水) 11:54配信朝日新聞デジタル<ヤフージャパンニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200304-00000027-asahi-soci

神戸市西区神出町勝成の精神科病院「神出(かんで)病院」で、入院中の男性患者同士でキスをさせたり、いすに座らせて水をかけたりしたなどとして、兵庫県警は4日、同病院の元看護助手と看護師ら男6人を準強制わいせつや暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕し、発表した。

男らのスマホに動画が残っており、容疑が浮かんだ。

6人は容疑を認めているという。

 捜査1課によると、逮捕されたのは、同病院の元看護助手、和田元規(27)▽看護師、橋本涼平(26)▽同、船引健志(33)▽同、高橋斉史(34)▽同、曽我部聡(41)▽同、武田剛士(33)の計6容疑者。

 和田、橋本、船引の3容疑者は2018年10月31日午前0時すぎ、病室内で入院中の当時59歳と62歳の男性2人にお互いにキスさせるわいせつ行為をさせた疑いがもたれている。

2人は精神疾患で抵抗できない状態だったという。

 また、和田、高橋、曽我部の3容疑者は昨年9月20日午後9時半ごろ、院内のトイレで、入院中の当時79歳の男性を椅子に座らせ、ホースやバケツで水を浴びせるなどの暴行を加えた疑いもある。

 さらに和田、高橋、武田の3容疑者は同月25日午後8時過ぎにも、入院中の同63歳の男性を病室の床に寝かせ、落下防止柵が設置されたベッドを逆さまにして覆いかぶせ、約20分間監禁した疑いがもたれている。

 神出病院の担当者は取材に対し、「この度は患者さんや家族、関係者に大変申し訳ございませんでした」と話した。

朝日新聞社

抵抗のできない弱い者いじめをして楽しむとんでもない奴らだ!同じ目にあわせてやってください。
スポンサードリンク

神戸市神出病院元看護助手和田元規はじめ看護師ら男6人が精神疾患入院患者への強制わいせつ、暴行、監禁で逮捕!リアクションが面白かった

スポンサードリンク

精神疾患の入院患者への強制わいせつ、暴行、監禁の神戸市神出病院の元看護助手和田元規の顔画像やプロフィールは?

名前:和田元規

年齢:27歳

職業:神戸市神出病院の元看護助手元看護助手

顔画像:調査中

スポンサードリンク

神戸市神出病院元看護助手和田元規はじめ看護師ら男6人が精神疾患入院患者への強制わいせつ、暴行、監禁で逮捕!住所、場所や画像

〒651-2301 兵庫県神戸市西区神出町78−53

スポンサードリンク

神戸市神出病院元看護助手和田元規はじめ看護師ら男6人が精神疾患入院患者への強制わいせつ、暴行、監禁で逮捕!ネットの反応

出典:ヤフーコメント

こういった病院や施設は、学校と同じで閉鎖性が強い所が少なくない。
外から監視しづらいだけでなく、ストレスも内輪で発散するしかないし、被害者家族が気付いたとしても「ここを追い出されたら……」を想像すると、簡単には告発できない。
まずは経営者や管理者が、職員を「人らしく」扱ってストレスを溜めさせない配慮をしないと、いつまで経っても状況は変わらない。
嫁が看護師です。

認知症などの老人に殴られたりつねられたり手をかまれたりして、身体じゅう、あざだらけになって帰ってくることが度々あります。
小柄な嫁は身体の大きな患者が暴れると、吹き飛ばされてしまうそうです。
胸やお尻を触られたりのセクハラもしょっちゅう受けるようです。

それでも根気よく耐えて明るくふるまっています。
仕事中は笑顔を絶やさないようにしているようです。

患者やその家族は、医師に対しては低姿勢ですが、看護師などへは女中扱いする人が多いようです。
年々一方的な権利ばかりを主張する方が増えているようです。

感謝されたいとは思わないそうですが、患者やご家族に理不尽に扱われるのが、精神的にいちばん辛いと言います。

今も、夜勤明けで気を失うように寝ています。

不機嫌に当たってくることもあるけれど、家にいるときはなるべく優しくしてあげたいと思うのです。

「入院中の同63歳の男性を病室の床に寝かせ、落下防止柵が設置されたベッドを逆さまにして覆いかぶせて監禁した疑いがもたれている」

重労働じゃないか。

一生懸命に業務をこなしている看護士さんがほとんどの中で、ほんの一握りのこいつらが原因で、看護士さんら全体への見る目が変わらないよう願っている。
スポンサードリンク

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

閉鎖的な空間で、第三者の目が届かない世界はこわいです。

今回の事件は何故明るみになったのでしょうか?