コロナウィルス

新型コロナで中国人キャンセル!蒲郡市冨士見荘倒産!画像!場所どこ?

スポンサードリンク

蒲郡市西浦町大山17の(株)冨士見荘、伊藤剛社長は2月21日までに事業を停止し、名古屋地裁豊橋支部への破産申請を小林輝征弁護士ほか1名に一任したとの事です。経営破綻の経緯や概要、冨士見荘の画像や場所、ネットの反応について調べてみました。

スポンサードリンク

新型コロナで中国人団体客キャンセル相次ぐ!蒲郡市冨士見荘倒産!経営破綻の経緯や概要のニュースはこちら

新型コロナウイルスの影響で初の経営破綻、愛知県の観光旅館(株)冨士見荘が破産へ
出典 2/25(火) 12:11配信東京商工リサーチ<ヤフージャパンニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-00010000-biz_shoko-bus_all

中国からの団体ツアーのキャンセルが相次いだ

 (株)冨士見荘(TSR企業コード:510067255、法人番号:9180301011281、蒲郡市西浦町大山17、設立1956(昭和31)年2月、資本金9600万円、伊藤剛社長)は2月21日までに事業を停止し、名古屋地裁豊橋支部への破産申請を小林輝征弁護士ほか1名(弁護士法人中部法律事務所、名古屋市中村区名駅3-23-6、電話052-562-0775)に一任した。

 負債は現在調査中。
 
 蒲郡市の西浦温泉で観光旅館「冨士見荘」を経営していた。

 三河湾を望む景観と新鮮な魚介類を売りに、2005年12月期には約5億5000万円の売上高を計上していたが、その後の業績不振により再度の資金ショートを起こし2013年8月に行き詰まりを表面化した。
 
 その後も事業を継続し、特に近年は需要が高まる中国人ツアーの受け入れに注力。

 多くの中国人観光客が利用していた。

こうしたなか、2020年1月、中国で急拡大した新型コロナウイルスの影響で中国からの団体ツアーのキャンセルが相次いだ。

春節の大型連休と重なることもあって、盛り上がりを見込んでいた需要が確保できなくなったため、先行きの見通しが立たなくなり、事業継続を断念した。

東京商工リサーチ

スポンサードリンク

新型コロナで中国人団体客キャンセル相次ぐ!蒲郡市冨士見荘倒産!冨士見荘の画像や場所の地図

スポンサードリンク

新型コロナで中国人団体客キャンセル相次ぐ!蒲郡市冨士見荘倒産!ネットの反応

『冨士見荘はここ数年、中国人ツアーの受け入れに注力していたが…』中国からの需要一極に依存したため、その危険性が暴露された。今後も新型コロナがその引き金になる例はどんどん増えそうだ!
完全にインバウンド頼りの所はこれから畳む店も増える。
関西圏のゲストハウスがどうなるか1番気になる。かくいう私もよくお世話になっていたけど…日本らしい日本が戻ってくると期待したい。
今すぐ国が隔離対策をトップダウンさせないと、海外から人が来ない期間がズルズルと延びるので経営破綻、廃業、倒産がもっと広い範囲で起きるよ!!早く一斉隔離しろ!
近年の日本のインバウンド政策は、とくに東京以外の大部分の地域に於いて、内需縮小を埋め合わせるための応急措置としての側面が強い。だから今、こうして日本経済の実力が現れてきている。
大変お気の毒ですが、遅かれ早かれ倒産事例が出てくるかと危惧しておりました。ウイルスの祖国中国ではもっと多くの倒産があるかと。
ついに、コロナで経営破綻が出てきとる、、
明日は我が身、恐怖や
スポンサードリンク

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

ついに新型コロナウィルスによる経済破綻の影響が始まりました。

あらゆる面で政治や政府の緊急対策が求められています。