ニュース

恵比寿の庇落下事故のマンション名特定!口コミ?地図?作業員の名前?

サムネ200127恵比寿の庇落下マンション

マンションの老朽化の調査中にひさしが落下し、下敷きになった作業員のうち1人の死亡が確認されたとの事です。事故のあったマンション名や、口コミ、場所の特定や、作業員の名前や顔画像等のプロフィールについて調べてみました。

スポンサードリンク

恵比寿のマンション庇落下死亡事故発生!事故の概要?

老朽化調査中にひさし落下 作業員2人が下敷きに
出典 1/27(月) 12:16配信テレ朝 news<ヤフージャパンニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200127-00000030-ann-soci

東京・渋谷区でマンションの老朽化の調査中にひさしが落下し、下敷きになった作業員のうち1人が心肺停止の状態です。

警視庁などによりますと、27日午前10時前、渋谷区恵比寿のマンションで作業員3人が建物の老朽化をチェックしていたところ、エントランスのひさしが突然、落下して50代の男性作業員2人が下敷きになりました。

2人は救助されましたが、1人が心肺停止の状態で、もう1人は意識はあるということです。

救助しようとした男性:「自分たちで持ち上げようとしたが、持ち上げられない。びくともしない」

落下したひさしは鉄製で縦3メートル、横2.4メートルほど、重さは約300キロとみられています。

スポンサードリンク

ANNnewsCH ANNニュース動画 老朽化調査中ひさし落下 作業員2人が下敷き1人死亡(20/01/27)

このエントランス庇が落下

スポンサードリンク

恵比寿のマンション庇落下死亡事故の口コミ。救助活動中の空撮

スポンサードリンク

恵比寿のマンション庇落下死亡事故の口コミ。庇があった場所と、落下した庇

スポンサードリンク

恵比寿のマンション庇落下死亡事故の口コミ。作業員1人死亡場所はどこ?

スポンサードリンク

【動画】恵比寿のマンション庇落下死亡事故の口コミ。点検中のマンションひさし落下、作業員1人死亡 恵比寿

出典:ヤフーコメント

作業員さんの回復を願います。コンクリートや鉄筋のしっかりしたマンションなら100年保つと言われていますが、実際 老朽化した時、空室が増えた時、管理費、修繕積立金が増えた時、いざ建て直しになった時修繕積立金での補填以外で持ち出しになる時の金額、先が読めない部分がたくさんあって怖いなと思いました。
老朽化の調査での事故です。
作業員の危険予知が疎かであったかは
不明ではありますが、
一つ言えることは、建物の所有者が
こまめなメンテナンスを行わないことも
事故の原因ではないでしょうか。

建物を建てるというのは、
安い買い物ではないですが、
所有したのであれば、
管理まで責任を持って欲しい。

全てにおいて、永遠に保てるものなんて
この世にないと思いますし‥

スポンサードリンク

恵比寿のマンション庇落下死亡事故の口コミ。ここ、松田優作やジャイアント馬場が住んでたマンションの向かいの建物?

スポンサードリンク

恵比寿のマンション庇落下死亡事故の口コミ。体重をかけてみたらボロボロだったか。3メートル程度の鉄骨組でも下敷きになれば死ぬ。

出典:ヤフーコメント

本体はRCみたいだが庇は鋼製、本体との取合部が腐食していたのかな。
築40年以上経っているみたいだけど、表面は塗装しても内部のフレームまではメンテナンス出来ないでしょう。
古い建物は怖いです。
無関係な通行人が犠牲になったのであれば、ビルオーナーにも責任がありますが、すでに老朽化を認識して修繕に着手しているので、ビルオーナーに責任はありません。修繕を前提とした調査ですからね。
庇の落下は当然予見できる事象として、請負会社がきちんと現場を監督しなければなりません。被害に遭った作業員の方はお気の毒ですが、雇い主である請負会社が補償する必要があります。
スポンサードリンク

庇落下死亡事故の恵比寿のマンション名特定

【グランドメゾン広尾】

スポンサードリンク

恵比寿のマンション庇落下死亡事故の作業員の名前や顔画像、プロフィール?

名前:調査中
年齢:50歳代
職業:建築工事業技術者、マンションリフォーム工事業技術者
勤務先:調査中
住所、顔画像:調査中
調査中項目については確認でき次第追記します。

スポンサードリンク

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

労災事故でお亡くなりになられた技術者の方のご冥福をお祈り申し上げます。

不安全環境と不安全行動はどうだったか、渋谷労働基準監督署の管轄下で徹底的な究明が行われるでしょう。

また、こうした庇や看板の老朽化した鉄骨系構築物は途方もなく街中に存在していると思います。

点検もなく30年以上経過しているものは、さびなど、劣化がかなり進んでいると思われます。

風や地震、中には少しの刺激で落下しかねないものもあります。

日本中で至急の点検整備が望まれます。