ニュース

神戸製鋼加古川で労災死亡事故!落下した鉄板に当たる!名前や顔画像?

サムネ200119神戸製鋼加古川鉄板落下労災死亡事故
スポンサードリンク

18日午後11時15分ごろ、兵庫県加古川市の神戸製鋼で、重さ約百数十キロの鉄板が作業員の男性に当たる労災死亡事故が発生したとの事です。事故の概要や、労災死亡事故に遭われた男性作業員の方の名前や顔画像、世間の口コミはどうでしょうか?

スポンサードリンク

神戸製鋼加古川で労災死亡事故!落下した鉄板に当たる!事故の概要?

神鋼加古川製鉄所内で100キロ超の鉄板落下 男性作業員に当たり死亡
出典 1/19(日) 8:43配信神戸新聞NEXT<ヤフージャパンニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-00000002-kobenext-l28

18日午後11時15分ごろ、兵庫県加古川市金沢町の神戸製鋼所加古川製鉄所の工場内で、クレーンでつり上げていた重さ約百数十キロの鉄板(長さ約2・6メートル、幅約1メートル、厚さ10センチ)が落下し、作業員の男性に当たった。

男性は上半身を強く打ち、同市内の病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。

県警加古川署によると、男性は孫請けに当たる福岡県の建設会社社員で、50代とみられる。
現場は製鉄ラインの新設工事中で、足場を組むために鉄板を持ち上げる途中、高さ約22・5メートルから落下したという。

 当時は男性を含む4人で作業。
うち1人が建屋上部でクレーンを操作し、ほかの2人は逃げて無事だった。
鉄板は1度地上で弾んで男性に当たったとみられる。

これ、間違ってないか?
厚さ10センチでなく10ミリでは?
2.6×1メートル×10センチ
の鉄が、百数十キログラムだと軽すぎる。
百数十トンなら、そうかも、と思う。
足場組のための鉄板の厚みが10センチもあったらたいへんや!校正ができていない、単純ミスやな!
スポンサードリンク

神戸製鋼加古川で労災死亡事故!落下した鉄板に当たる!名前や顔画像?

男性は孫請けに当たる福岡県の建設会社社員で、50代

名前と顔画像は調査中です。

探してもみつかりませんでした。確認できましたら追記します。

スポンサードリンク

神戸製鋼加古川で労災死亡事故!落下した鉄板に当たる!世間の口コミ

昔、仕事で行ったわここ
22,5メートルの高さから落ちて、バウンドして人に当たったと。逃げられた人ラッキー過ぎる。たぶん足元とか凸凹してるだろうし、全員見てたわけじゃないだろうし。
JFEスチールの福山事業所に出入りしてた頃、事故事例集に目を通したことがある

9割以上の事例が確認ミスと習熟不足、不十分な安全設備で「どうやっても無理ゲー」という他無い事例は片手で数えるくらしかなかった

JFEにとって現場の作業員の命は紙きれ1枚と似たようなもんw

恐らく玉掛けの比重がどっちかに片寄った結果、落下したのかな。
玉掛けが亡くなった人なのかどうかで悲惨さが変わるな。
ほんま毎年ここは人死ぬな
スポンサードリンク

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

神戸製鋼加古川では過去にも労災死亡事故が発生しています。

労災の原因は不安全行動と不安全環境があります。

徹底的に原因を調査していただき、改善しなければなりません。

お亡くなりになった方のご冥福をお祈り申し上げます。