ニュース

福岡春日市接触事故酒酔い運転宇野修平現行犯逮捕!顔画像や現場地図!

サムネ200104福岡県春日市酒酔い運転宇野修平逮捕

3日夜、福岡県春日市で接触事故があり、自称会社員の男が酒酔い運転で現行犯逮捕されたとの事です。男の名前は報道で発表されましたが、住所や顔画像、また事故現場の場所の地図、世間の口コミについてはどうでしょうか?調べてみました。

スポンサードリンク

福岡県春日市の接触事故で酒酔い運転男を現行犯逮捕!事故概要や男の名前特定!

酒酔い運転で男逮捕 基準値の約8倍のアルコール
出典 1/4(土) 0:30配信九州朝日放送<ヤフージャパンニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-13535740-kbcv-l40

3日夜、春日市で酒に酔って車を運転したとして、自称会社員の男が現行犯逮捕されました。

警察によりますと、3日午後9時ごろ春日市下白水南で、信号のある交差点を直進していた軽乗用車に、別方向から直進してきた普通乗用車が衝突する事故がありました。

この事故によるけが人はいません。

警察が駆け付けたところ、普通乗用車を運転していた男は暴れていて、吐いた息からは基準値の約8倍のアルコールが検出されたため、自称会社員の宇野修平容疑者(35)を酒酔い運転の疑いで現行犯逮捕しました。

宇野容疑者は警察の調べに対し容疑を認めていて、「1人で家で酒をたくさん飲んだ」と話しているということです。

九州朝日放送

スポンサードリンク

福岡県春日市の接触事故で酒酔い運転男を現行犯逮捕!男の名前や住所、顔画像は?

職業、名前、年齢:自称会社員の宇野修平容疑者(35)

住所や顔画像は確認できませんでした。
確認でき次第追記したいと思います。

スポンサードリンク

福岡県春日市の接触事故で酒酔い運転男を現行犯逮捕!事故の現場付近地図?

春日市下白水南

スポンサードリンク

福岡県春日市の接触事故で酒酔い運転男を現行犯逮捕!世間の口コミは?

道路交通法の規定を見ますと、呼気1リットル中0.15mg以上アルコールを検知した場合、「酒気帯び運転」としています。

1単位(ビール中びん1本、日本酒1合、焼酎0.6合)のアルコールを飲んだときの血中アルコール濃度は、0.02~0.04%になるそうです。

これが呼気1リットル当たりのアルコール量換算で、0.1~0.2mgに相当するので、1単位のアルコールを飲めば、「酒気帯び運転」の基準値を超えるということです。

個人差があるので、例え一杯だけでも運転はやめましょう。

今回の春日市の事故で酒酔い運転で逮捕された宇野修平容疑者(35)は基準値の8倍ものアルコールが検出されたとの事なので、ビール中瓶なら8本、日本酒なら8号、焼酎なら4.8号ほど飲んだということです。

また酒気帯びではなく、酒酔い運転で逮捕されたので、まっすぐ歩けないなど、酔った状態で運転していたことになります。

違反行為の点数・処分内容では、酒酔い運転の場合、35点、免許は取消、欠格期間3年ですが、事故を起こしているのでさらに重い罰がくだされるかもしれません。

自称会社員の宇野修平容疑者が、通勤時や仕事上で、車を運転しなければならないのなら、会社としては仕事をさせられないので、一般的には懲戒解雇処分になるのではないでしょうか。

本当に愚かなことをしでかしたものです。