スポーツ

西武の多和田、病気で契約保留選手に!病名?復帰はいつ?口コミは?

サムネ191223西武多和田真三郎投手契約保留

西武が23日、多和田真三郎投手(26)を病気の為、契約保留選手として扱うことを発表しました。多和田投手の病気とは何でしょうか?また復帰はいつになるのでしょうか?世間の口コミはどうでしょうか?調べてみました。

スポンサードリンク

西武、多和田真三郎投手(26)を病気の為、契約保留選手として扱うことを発表

西武多和田「自律神経失調症」公表 契約保留選手に
出典 12/23(月) 14:18配信日刊スポーツ<ヤフージャパンニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-12230379-nksports-base

西武が23日、多和田真三郎投手(26)を契約保留選手として扱うことを発表した。
9月に頻脈性不整脈と発表していたが、その原因が「自律神経失調症」であることを公表。

渡辺久信GMは今月に本人と話し合った上で決定した。

取材に応じた同GM「難しい病状。我々も慎重に進めてきた」と説明。
回復のメドがたち次第、契約更改を行う予定だが、来季開幕は絶望的でシーズン中の復帰も不透明となった。

以下、同GM公表全文

当球団の保留選手の中で唯一契約更改が行われていない多和田真三郎投手の病状について。

本人の同意を得られましたので、本日皆様にお伝えします。

同投手は本年、9月に「頻脈性不整脈」であることを発表し、治療に専念していました。
本日は、その原因が「自律神経失調症」であることを新たに公表させていただきます。

本人は現在も復帰を目指して、治療を続けています。
ただ、残念ながら現時点では、復帰の見通しがたっていないため、契約保留選手のまま病状回復を待つことになりました。
もちろん、私たちは今も多和田を貴重な戦力であると考えていますので、チームドクターならびに専門医の先生方とも密に連携をとり、復帰の見通しがたち次第契約更改を行うつもりです。
多和田本人とも話をした上で、私たちはこの形が彼が復帰を目指す上で、ベストの形であると考え、選択をしました。

報道各社の皆様には、このような状況でございますので、どうか彼の復帰をそっと見守っていただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いします

◆自律神経失調症◆
不規則な生活習慣やストレスなどにより、自律神経のバランスが崩れて起こるさまざまな身体の不調のこと。
自律神経には体を最も良い状態に保つ働きがあるが、体内でうまくコントロールされないと各器官がうまく働かなくなり引き起こされる

スポンサードリンク

西武の多和田、病気で契約保留選手に!病名?復帰はいつ?

報道によりますと

病名:「自律神経失調症」

回復の見込

◇回復のメドがたち次第、契約更改を行う予定だが、来季開幕は絶望的でシーズン中の復帰も不透明

◇残念ながら現時点では、復帰の見通しがたっていないため、契約保留選手のまま病状回復を待つ

スポンサードリンク

西武の多和田、病気で契約保留選手に!世間の口コミは?

多和田の活躍がなければクライマックスシリーズ、日本シリーズを勝ち着ることは難しいと思う。
昨年のソフトバンクとのクライマックスシリーズを勝ったのは多和田のみ。必ず西武には必要な投手だと思う。復活してくれることを心から願います。
-中村晃-
去年12月中旬頃 身体に不調

3/23 自律神経失調症公表

5/31 一軍復帰

-多和田真三郎-
9/10 頻脈性不整脈と診断

12/23 自律神経失調症公表

???

疾病の性質上、治療期間は数カ月から数年と様々。症状も人によって様々。
早期復帰を願うばかり、、、

ムネリンや中村晃もなったやつやな。
ムネリンは保留選手名簿に
載りながらその後自由契約。
(台湾で復帰)
中村晃は復帰に3-4ヶ月。
開幕絶望ということで、
首を長くして待とう。
多和田真三郎さんが自律神経失調症と知りました。中村晃さんも完治かどうかは分からないけど、試合に出られるようになったんで頑張ってください❗️今の西武に多和田真三郎選手が居なくなったら正直きついです。多和田真三郎選手のプレーする姿がまだみたいです。
実は僕もこの自律神経失調症になり、辛い経験をした。半年ぐらい経って自分は落ち着いてきたけど、治るまでの時間は人それぞれ。とにかくストレスをつくらないこと。それが1番の治る方法。
自律神経失調症は、
人によって
症状はさまざま。

私は、
息苦しさ、吐き気、
手足の脱力感が
特に強く表れる。

それとは別に、
過敏性腸症候群と
診断されていて、
今は、そっちの方が
上になっている。

スポンサードリンク

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。
多和田選手のご病気の回復をお祈り申し上げます。