ニュース

元TBS山口敬之氏伊藤詩織氏に賠償命令の東京地裁に不服。控訴の理由

サムネ191218山口氏高裁に控訴する方針発表
スポンサードリンク

2019年12/18(水) 14:17配信弁護士ドットコムによりますと、ジャーナリストの伊藤詩織さんが性暴力被害を訴えていた裁判で12月18日、330万円の支払いを命じる判決を受けた元TBS記者のジャーナリスト・山口敬之さんが控訴する方針を明らかにしたとの事です。山口氏の控訴理由とは何でしょうか?ネットの声はどうでしょうか?

あわせて読みたい
サムネ191218東京地裁元TBS山口氏に賠償命令
東京地裁元TBS山口敬之氏に賠償命令!伊藤詩織氏民事勝訴!顔画像!ジャーナリストの伊藤詩織さんが元TBS山口敬之氏から性的被害を受けたとして、1100万円の損害賠償を求めた裁判で、東京地裁は18日、33...
スポンサードリンク

元TBS山口敬之氏伊藤詩織氏に賠償命令の東京地裁に不服。控訴の理由

敗訴の山口敬之さん「納得いかない。すぐに控訴します」 伊藤詩織さんとの訴訟
12/18(水) 14:17配信弁護士ドットコム<ヤフージャパンニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191218-00010543-bengocom-soci

ジャーナリストの伊藤詩織さんが性暴力被害を訴えていた裁判で12月18日、330万円の支払いを命じる判決を受けた元TBS記者のジャーナリスト・山口敬之さんが控訴する方針を明らかにした。

同日午後、東京都内で会見し、「判決について、内容にまったく納得いかないので、すぐに控訴します。私は法に触れる行為はしていません」と述べた。

会見に同席した文芸評論家の小川榮太郎さんは「曲学阿世、邪悪そのもの。そういう感じをまったく禁じ得ない驚くべき判決でした」と語った。

山口さんの代理人をつとめる北口雅章弁護士は「納得のいかない判決ですので、矛盾点を精査して控訴審にのぞみたいです」と話した。

●山口さん「私は法に触れる行為はしていません」

山口さんは、控訴する方針をまず述べた後、その理由について次のように語った。

「私は法に触れる行為は一切していません。私たちが客観的な証拠で伊藤さんの矛盾点を主張したが、検証されることなく、事実認定がないまま、判決では無視されています。高等裁判所の控訴審では、強く訴えていきたいです。

刑事事件の捜査の段階で、警視庁の担当者は、山口さんの言っていることも、伊藤さんの言っていることも矛盾しないんだ、その主張をブリッジするのは、アルコール性健忘だと。

伊藤さんが一度、深夜に目を覚ましましたが、記憶が飛んでしまったということで、刑事事件は不起訴になりました。検察審査会でも不起訴相当と出ています。それについても、判決で触れられていないのは、不服とするところです」

また、山口さんは、名誉毀損だとして慰謝料など1億3000万円や謝罪広告を求めて反訴していたが、「公共性および公益目的がある」として棄却されたことについても、控訴すると明かした。

弁護士ドットコムニュース編集部

スポンサードリンク

【動画・モザイク無し】元TBS山口敬之氏伊藤詩織氏に賠償命令の東京地裁に不服。記者会見の様子

12/18、14:00「山口敬之記者会見」生中継◆出席者:山口敬之、小川榮太郎、他◆司会:花田紀凱|「週刊誌欠席裁判」のライブ ストリーム

花田紀凱「月刊Hanada」編集長の「週刊誌欠席裁判」
チャンネル登録者数 5.62万人
「山口敬之記者会見」
◆日時:令和元年12月18日(水)14:00~16:00(受付開始13:40)
◆出席者:山口敬之、小川榮太郎、他
◆司会:花田紀凱

スポンサードリンク

元TBS山口敬之氏伊藤詩織氏に賠償命令の東京地裁に不服として控訴宣言。ネットの声

スポンサードリンク

元TBS山口敬之氏伊藤詩織氏に賠償命令の東京地裁に不服として控訴宣言。ネットの声

まあ、そうくるわな。
タクシー運転手の証言から、自力で歩けないほど酩酊していたと思われる女性に対して、本当に本人の同意を得たと思えるところがすでに病気。

仮に同意があったとしても、自分のほうが立場が強いことを自認しながら同意を求めること自体、最低の行為です。

どうせ司法に圧力をかけてもらうようにお友達にお願いするのでしょうが、あなたがしたことが最低の行為であることは変わりません。
まずは性行為をしたことについて、家族や彼女に詫びたらどうですか?
何が「彼女をなだめる気持ちで性行為に応じた」ですか。
本当になだめるつもりなら、性行為は絶対にしない。

勝っても負けても既婚者でありながら行為をした事には変わりません。詩織さんを支持しますが、次の日にお礼メールをした件だけは不可解。
スポンサードリンク

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

この問題を語るときどうしても安倍政権とからめて論じなければならない人々がいるようです。

当人同士の問題ではだめなのでしょうか?

山口氏側から控訴方針が明らかにされましたので、裁判はこれからも続きます。

注目していきたいと思います。