ニュース

酒直ビル鉄パイプ落下!ヒロケンの作業員「誤って落とした」と供述!

2019年11/21(木) 12:07配信関西テレビによりますと、和歌山市でビルから鉄パイプが落下し、通行人の男性が死亡した事故で、足場の解体をしていた作業員が「誤ってパイプを落とした」と話していることがわかったとの事です。作業員の名前や顔画像は公表されているのでしょうか?世間の反応はどうでしょうか?調べてみましょう。

あわせて読みたい
サムネ191120酒直ビル鉄パイプ落下通行人死亡事故
酒直ビル鉄パイプ落下で通行人死亡!足場解体中!現場は?業者名は?2019年11/19(火) 13:39配信共同通信によりますと、和歌山市のビルの足場解体作業中に鉄パイプが落下し、通行人の頭を直撃、死亡...
あわせて読みたい
サムネ191120酒直ビル元請下請業者特定捜索中
酒直ビル鉄パイプ落下死亡事故関係2業者を特定!捜索!どんな会社?2019年11月20日 11/20(水) 12:35配信共同通信によりますと、和歌山市の酒直ビルで、足場から鉄パイプが落下し男性が死亡し...
スポンサードリンク

酒直ビルパイプ落下事故概要;ヒロケン作業員が「誤ってパイプを落とした」と供述

作業員『誤って落とした』 ビル屋上から「5キロの鉄パイプ」落下、通行人の男性が死亡した事故
11/21(木) 12:07配信関西テレビ<ヤフージャパンニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-12071501-kantelev-l30

和歌山市でビルから鉄パイプが落下し、通行人の男性が死亡した事故で、足場の解体をしていた作業員が「誤ってパイプを落とした」と話していることがわかりました。

19日、和歌山市十三番丁にあるビルの屋上で、業者が工事中の足場を解体していたところ、重さ約5キロの鉄パイプが落下して銀行員の板垣智之さん(26)の頭にあたり、板垣さんは死亡しました。

警察は20日、工事の下請け業者や元請け業者を業務上過失致死の疑いで家宅捜索し、工事の契約書などを押収しました。

捜査関係者によると、当時、工事現場には下請け業者の社長ら7人がいて、作業員が「誤ってパイプを落とした」などと話していることが新たにわかりました。

警察は作業中にミスがあったとみて、関係者への事情聴取を進め、事故の原因を調べています。

関西テレビ

スポンサードリンク

酒直ビルパイプ落下事故で「誤ってパイプを落とした」と話したヒロケン作業員の名前は?

あわせて読みたい
サムネ191121鉄パイプ落下業務上過失致死容疑で捜索
ヒロケン本田博則社長顔画像、謝罪動画!鉄パイプ落下歩行者死亡事故。2019年11/20(水) 19:34配信関西テレビによりますと、19日、和歌山市内のビルで工事中の足場から鉄パイプが落下し、男性が死亡...

報道によりますと足場工事作業を直接行っていたのは下請け業者の株式会社ヒロケンです。

ヒロケン社長の本田博則氏はTVの報道を通じ謝罪の言葉を述べていました。

動画をご確認ください。

作業は本田社長を含め7人で行っていたので、その内の作業員が「誤ってパイプを落とした」と話しているのでしょう。

作業員の名前は公表されておりませんでした。

スポンサードリンク

酒直ビルパイプ落下事故でヒロケン作業員が「誤ってパイプを落とした」と話した。世間の反応は?

誤ってパイプを落とした」などと話していることが新たにわかりました。となっているが、これは、新たにわかった事ではなく、ごく当たり前の証言をしただけ。
工事計画に無理がある。
最悪の事を考えて下の道を通行規制しなかった事がいけない。
鉄パイプ落下させて歩行中の方が亡くなってしまった事件
専門家によると落下時の衝撃は6トンになるとのこと作業員は誤って落としたと供述しているようだけどあまりにも酷い
ミスとか、関係ないね。これが許されるなら、同じシチュエーションで、人殺してもOK 😆👌って、ローラ風に言えることになる。甘々ポンコツ司法界の方々、宜しく頼むよ。
「誤って・・・」当たり前じゃん。普通、わざとなんてあり得ないでしょ❗
前の週の金曜日に「落とした」ばかりなのに・・・一体、どんな会社なんだ💢
鉄パイプ落ちて銀行員が死亡した件。作業員「誤って落とした」
今月15日にすでに1度落としていての2回目。なんかもう言葉が出まへん。危機管理ガバガバやん。
誤って落とすと人に当たる状態が不味いんでないの?人だもの、落とす可能性なんて幾らでもあるでしょうに。そこザルんなってるとかあり得るの?
この手の作業は事故防止のために数々の手順を落下防止マニュアルがあるはず。それらの教育不徹底か不慣れな作業員(バイト?)を使ってたか?
『現場では、事故の4日前にも鉄パイプが落下していて、2つの業者は防護ネットの設置や、落下防止用のロープを鉄パイプに取り付けるなどの再発防止策を立て工事を再開していました。』全然ダメじゃん
スポンサードリンク

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。
このような作業の場合、直下の路上を通行規制しなかったことが信じられません。
一度落下させたのにもかかわらず、もしそこに人がいたらという想定ができなかったのでしょうか?
鉄パイプだけではなくあらゆる部材が人のミスによって落下する可能性は否定できない筈です。
公共空間の上空で作業が行われる場合に、そこを通る第三者の安全経路の確保と、ガードマンによる誘導を必ず行わなければならないというルールはないのでしょうか?