ニュース

イワシ造り食べアニサキス食中毒!どこのスーパー?世間の口コミは?

サムネ191116魚の生食に気をつけましょう!

2019年11/15(金) 8:00配信埼玉新聞によりますと、埼玉県川越市保健所は14日、川越市泉町のスーパーで購入したイワシ造りを食べた70代男性が食中毒の症状を訴え、胃から寄生虫のアニサキスが摘出されたと発表したとの事です。スーパーはどこでしょうか?アニサキス寄生虫による食中毒とはどんなものでしょうか?世間の口コミはどうでしょうか?調べてみました。

スポンサードリンク

イワシ造り食べアニサキス食中毒に?埼玉新聞の記事はこちら

アニサキス…男性が食中毒、イワシ造りを食べ スーパーで購入 川越の医療機関、内視鏡で胃から摘出
出典 11/15(金) 8:00配信埼玉新聞<ヤフージャパンニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-00000002-saitama-l11

埼玉県の川越市保健所は14日、川越市泉町のスーパー「ヤオコー川越南古谷店」で販売したイワシ造りを食べたふじみ野市の70代男性が食中毒の症状を訴え、胃から寄生虫のアニサキスが摘出されたと発表した。

男性は快方に向かっているという。

同保健所は同店の鮮魚販売を1日間、営業停止処分とした。

同保健所によると、男性は10日午後4時半ごろ、店の鮮魚売り場でイワシ造りを購入。

午後7時ごろに1人で食べ、11日午前2時ごろに腹痛を訴えた。

川越市内の医療機関から11日、「診療した患者から内視鏡でアニサキスを摘出した」と保健所に連絡があった。

同店鮮魚売り場は、男性が食べた造りを含めイワシの加工品を10日に8点販売したが、ほかに食中毒とみられる症状の発生は報告されていないという。

スポンサードリンク

イワシ造り食べアニサキス食中毒に?川越市泉町のスーパー「ヤオコー川越南古谷店」の場所や画像

スポンサードリンク

イワシ造り食べアニサキスで食中毒に。アニサキス食中毒とは?厚生労働省「アニサキスによる食中毒を予防しましょう!」のサイトをチェック!

厚生労働省「アニサキスによる食中毒を予防しましょう!」のサイトはこちらをクリック!

厚生労働省「事業者向けリーフレットのダウンロード」はこちらをクリック!

記事中191115アニサキスによる食中毒を予防しましょうパンフ
スポンサードリンク

イワシ造り食べアニサキスで食中毒に。世間の口コミは?

アニキは仕方ない
食中毒とはなんか違う。冷凍の刺身しか防げないし。それでは生サンマや生イワシと販売できないし。
アニサキス怖い…
でも刺身は食べたい
食中毒とは違うでしょ。アニサキスは悪くないしスーパーも悪くない。よく噛めば大丈夫というけどムズイから気にする人は買わない事だね。
アニキを食中毒のくくりにするのは違和感がある。
鮮度のいいものを扱っているんだなぁ、がまず先ですね。
それからアニサキスは食中毒とは異なるので、こういう報道はミスリードを促進します。アニサキスは生食する以上リスクがあり、冷凍か加熱以外に回避策がありません。一定の検査的な手段がないではないですが、手間と費用がかかりすぎ、スーパーで販売できない価格になると思われます。運が悪かった、で片付けるのは患者さんには酷かもしれませんが、そういうものだと思ってください・・・すみませんが。
このスーパーが新鮮な物を扱ってる証拠だな
アニサキスを全部取り除くなんて無理でしょ。身を全部検査するなんてやれば機械の導入と人の目視が必須でコストがかかりすぎて刺身が高騰しすぎる。コストダウンするなら、冷凍や加熱済みのモノを出すしかなくなる。そうなれば、味の違いから刺身から遠ざかる人も増えるんじゃない?魚の生食文化を守るのであれば、最低でも半分は自己責任にすべきでしょう。よく噛んで食ったつもりでもあたるときはあたるし。絶対にあたりたくなければ、冷凍・加熱済みを食うか、生食を避ければイイ。
スポンサードリンク

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。
アニサキスには注意したいですが、魚の生食で100%大丈夫とは言えないようですね。