エンタメ

綾小路翔「もう、曲が書ける!」書類送検少年たちの決闘理由やルール!

サムネ191031綾小路翔もう曲がかける

高校1年の少年たちが、荒川河川敷決闘で書類送検になった事件が話題です。あの氣志團の綾小路翔が「もう、曲が書ける」「グッときた」と思わずツィートした理由は何でしょうか?また世間の反応はどうでしょうか?見ていきましょう。

スポンサードリンク

綾小路翔、河川敷決闘で書類送検少年に「もう、曲が書ける」「グッときた」

スポンサードリンク

綾小路翔「もう、曲が書ける!」書類送検少年たちの決闘理由やルール!

綾小路翔、河川敷決闘で書類送検少年に「もう、曲が書ける」「グッときた」
出典 10/31(木) 12:49配信デイリースポーツ<ヤフージャパンニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00000060-dal-ent

氣志團の綾小路翔が30日、ツイッターを更新し、東京・足立区の河川敷で決闘を行ったとして少年2人が書類送検されたニュースについて「何だろう。グッと来てしまった」と率直な気持ちをつぶやいた。

綾小路は高校一年の少年2人が足立区の荒川河川敷で決闘を行ったとして書類送検されたニュースを添付。

その記事には、今年1月に少年がもう1人の少年の交際相手をバカにしたことからSNSで「タイマンしよう」と持ちかけたという。

少年たちは「凶器を持っていないか持ち物検査」「ギブアップするまでやる」「怪我をしても被害届けは出さない」などのルールを決めていたが通行人の通報で逃走となったとしている。

これに綾小路は「何だろう。グッと来てしまった」とツイート。

そして「河川敷でタイマン。ガールフレンドの尊厳を取り戻す為の決闘。武器無し、チクリ無し、ギブアップ有り。警官からの逃走。もう曲書けるもんな」と昔の不良を思い起こさせるような内容に、グッときた様子だった。

スポンサードリンク

【世間の反応】綾小路翔「もう、曲が書ける!」書類送検少年たちの決闘理由やルール!

うらやましいんですけどっ(笑)
ケンカ自体はあまりよろしくないが、互いにルールを決めて筋を通した形のケンカは、ある程度黙認してもよさそうな気がする。
今の時代の子達は、私の時代と違って集団でなければ何も出来ないと思っていました。こういう子は応援したいと思いました。
喧嘩は良くない事だけど
こうやってお互い納得したルールを持ってする喧嘩はありだろう
そのルールも昔は暗黙のってやつだったな
褒められはしないが、SNSで陰口叩くよりよっほどマシ。
いいことではないが、凶器も使わないしギブアップもあり。イジメなんかよりずっといいよ。数年後、この二人は笑って話せると思うよ(^^)青春だね(^^)
武器ナシ、ギブあり。お互い後腐れ無いようにちゃんとルール作ってるじゃん。
こういうのは若いときにしかできないから大目に見てあげてほしいなあ。
今の時代、気骨があっていいと思うなあ。
通報した方も仕方ない。
周囲を立会人が囲んでタイマンの決闘をしてたら異様な光景に映るはずだし、警察に通報するのも当然。
血統は法律で決められてる以上、悪いことではあるけどルールを決めて守ってるやる分には処分としては寛容になって欲しい。
申し込んだ少年も彼女の尊厳を守る為に行動に出るって今時なかなか無いこと。
喧嘩はいけないとは思うが
惚れた女性の尊厳をかけて自分の拳で闘う、それを阻み受け止める相手今の若い子としては極めて稀だね!良い大人になって欲しいなぁ
しっかり怒られてかっこいい大人になれ。どこぞのいじめ教師よりはるかに立派だと思う。
スポンサードリンク

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。
決闘罪とはひさしぶりに聞きました。
世間の反応からは、暴力はいかんが、けじめあるルール下の正々堂々の戦いなら少々許されると思いました。