暴走老人

禁錮3年6月の実刑判決!神戸市バス運転手の名前や顔画像、動画は?

サムネ191030神戸市バス6人死傷事故実刑判決

2019年10/30(水) 10:18配信神戸新聞NEXTによりますと、神戸のJR三ノ宮駅前で4月、市営バスが赤信号にもかかわらず横断歩道に突っ込み歩行者6人を死傷させた事故で、裁判長は過失や結果の重大性などを挙げ「実刑は免れない」として、禁錮3年6月(求刑禁錮5年)を言い渡したとの事です。被告の運転士の名前や顔画像、事故当時の動画などを調べてみました。

あわせて読みたい
サムネ190428事故歴は?
2019三宮暴走老人大野容疑者。過去の事故歴13件!神戸市バス死傷事故2019三宮暴走老人大野容疑者。過去の事故歴13件!神戸市バス死傷事故 https://forester-fan-blog.com...
スポンサードリンク

禁錮3年6月の実刑判決!三宮駅前6人死傷事故の裁判の概要

神戸市バス事故 運転手に禁錮3年6月の実刑判決 神戸地裁
出典 10/30(水) 10:18配信神戸新聞NEXT<ヤフージャパンニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00000010-kobenext-soci

神戸市中央区のJR三ノ宮駅前で4月、市営バスが赤信号にもかかわらず横断歩道に突っ込み歩行者6人を死傷させた事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた運転手の男(65)=同市長田区=に対する判決公判が30日、神戸地裁であった。

川上宏裁判長は過失や結果の重大性などを挙げ「実刑は免れない」として、禁錮3年6月(求刑禁錮5年)を言い渡した。

川上裁判長は、職業運転手が「最も基本的かつ重要な注意義務に反した」と指摘。

人通りが多く、一つのミスが大事故に直結する場所でブレーキ操作を誤ったことを踏まえ、「過失は相当に重大」と述べた。

また、実刑判決を選んだ理由として交通事故に対する近年の「国民の厳しい刑罰感情」も挙げた。

男はこれまでの公判で「アクセルとブレーキの踏み間違いが原因」と認めて謝罪。

川上裁判長は、誤ってアクセルを踏んでからサイドブレーキを引くなど事故を回避しようとしたことや、事故直後に被害者に駆け寄ったことに触れ「特に悪質とはいえない」とも述べ、量刑面で考慮した。

判決によると、4月21日午後2時ごろ、男は横断歩道手前の赤信号で止まろうとした際にブレーキとアクセルを踏み間違え、神戸市須磨区のアルバイト男性=当時(23)=と、園田学園女子大(尼崎市)3年の女子学生=当時(20)、明石市=をはねて死亡させ、4人に重軽傷を負わせた。

紺色のスーツ姿で出廷した男は判決を言い渡された後、小声で「はい」とうなずいた。

弁護人は男に控訴の意思がないと明らかにし「本人も事故の悲惨さを痛切に感じていた」と話した。

今後の謝罪の取り組みも支援するという。

スポンサードリンク

禁錮3年6月の実刑判決!神戸市バス運転手の名前や顔画像

スポンサードリンク

禁錮3年6月の実刑判決!神戸市バス運転手の名前や顔画像、事故当時の動画

スポンサードリンク

禁錮3年6月の実刑判決!神戸市バス運転手の事故概要の動画

スポンサードリンク

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。
お亡くなりなられたお二人のご冥福をお祈り申し上げます。