エンタメ

ニャンちゅう宇宙放送チューのねんドル岡田ひとみのWIKIや顔画像は?

サムネ191011ねんドル岡田ひとみ

2019年10/11(金) 17:57配信毎日新聞によりますと、NHKEテレ「ニャンちゅう!宇宙!放送チュー!」に「おねんどお姉さん」としてレギュラー出演中の岡田ひとみさん(38)の、長野県伊那市創造館(同市荒井)での粘土教室に大勢の親子連れが集まったとの事です。「おねんどお姉さん」として有名な「ねんドル」岡田ひとみさんのWIKIや顔画像、動画を調べてみました。

スポンサードリンク

「ねんドル」岡田ひとみさん粘土教室に子どもたち大歓声

スポンサードリンク

ニャンちゅう宇宙放送チューのレギュラーの「ねんドル」岡田ひとみさんの粘土教室の様子は?

「ねんドル」岡田ひとみさん粘土教室に子どもたち大歓声
出典 10/11(金) 17:57配信毎日新聞<ヤフージャパンニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00000064-mai-soci

NHKEテレ「ニャンちゅう!宇宙!放送チュー!」に「おねんどお姉さん」としてレギュラー出演中の岡田ひとみさん(38)がこのほど、長野県伊那市創造館(同市荒井)で粘土教室を開催。子どもたちから大人気の岡田さんを一目見ようと大勢の親子連れが集まった。

「ねんドルの岡田ひとみです」

粘土とアイドルの造語「ねんドル」として活躍中の岡田さんがステージに登場すると、子どもたちから大きな歓声が上がった。

同館は、粘土で料理のミニチュアを作る岡田さんの粘土教室を2014年から毎年開催。
いずれも好評で希望者が多いため毎回抽選になる人気ぶりだ。
今回は1日2公演あり、計約160人の親子が粘土で「サンドイッチ」作りを楽しんだ。

粘土で食パンを四角く形作った後、黄緑や赤色の絵の具と粘土を混ぜて、レタスやハム作り。
粘土のレタスを手でちぎり、本物の見た目に近づける。
完成すると、「思ったより難しい」「本物みたいでおいしそう!」などとあちこちから感想の声が聞こえてきた。

岡田さんは「粘土をきっかけに、物作りの楽しさを知ったり『誰かにプレゼントしたら喜ばれるかな』と想像してもらえたりしたら。
物を作る力と人の気持ちを考える力があったら、大げさかもしれないけど、きっと世界が平和になるなって」
と笑顔を見せた。

小さい頃からアイドルになるのが夢。

1998年に文化放送のオーディション番組で芸能界にデビューした。
「自分にしかできないこと」を追求し、たどり着いたのが子どもの頃から得意だった粘土だった。
楽しさを伝えようと全国各地で年間1万人の子どもたちを教える。
活動は国内にとどまらず
カンボジアの孤児院やケニアのマサイ族など世界各地でも粘土教室を開く。

夢は、世界と日本の子どもを粘土でつなぐこと。
6月、親からの虐待などで傷付いた子どもが暮らすブータンの修道院を訪れた。
修道院側から「子どもたちがどんな反応を見せるか分からないので覚悟して」と言われていたが、実際に始めると、子どもたちは楽しそうに粘土をこね始めた。

涙をこらえるのに必死になりながら、「育った環境が違っても、子どもの反応は世界一緒だ」と痛感した。

「粘土は創造力と想像力を育む。
日本の子どもと世界の子どもが一緒の作品を作りながら、お互いに興味を持ったり、尊敬し合えたりできたらうれしい」【坂根真理】

スポンサードリンク

ニャンちゅう宇宙放送チューのレギュラーの「ねんドル」岡田ひとみさんのWIKIは?

「ねんドル」岡田ひとみさんのWIKIはこちら

スポンサードリンク

ニャンちゅう宇宙放送チューのレギュラーの「ねんドル」岡田ひとみさんの動画は?

ねんドル岡田ひとみから子どもたちへのメッセージ NENDOL Hitomi Okada

ねんドル岡田ひとみが ねんどで作るBLTバーガー 絵本『ねんドルキャットひとミィのまほうレストラン』(学研)より

スポンサードリンク

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。
岡田ひとみさんは、ニャンちゅう!宇宙!放送チュー!(2018年4月8日 – 、NHK Eテレ)にレギュラー出演のほか
たくさんの本やイベントでも活躍中ですね。
これからもますますのご活躍をお祈り申し上げます。

ねんドル岡田ひとみさんのブログはこちら