2019台風15号千葉大停電

千葉停電1万戸超!災害用備蓄の非常用発電機の数は?要請の仕方は?

2019年9月21日(土) 5:00配信朝日新聞デジタルによりますと、台風15号の影響による停電が続く千葉県で、県が災害用に備蓄する非常用発電機の半数以上が活用されていないことが20日、県の資料などでわかったとの事です。いったいどういうことなのでしょうか?世間の声はどうでしょうか?

あわせて読みたい
サムネ190921停電信号機のための発電機を地元民が盗むか?
停電で信号機に緊急設置の発電機を盗んだ男の住所氏名?どこの交差点?2019年9月20日(金) 21:22配信の産経新聞によりますと、台風15号による停電の信号機に緊急に取り付けられた発電機を盗んだ男が逮...
スポンサードリンク

20日午後8時時点でも千葉停電約1万2千戸なのに防災倉庫に眠る大量の非常用発電機の内訳とは?

非常用発電機の半数超が活用されず 千葉県、倉庫に眠る
出典 9/21(土) 5:00配信朝日新聞デジタル<ヤフージャパンニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190921-00000007-asahi-soci

台風15号の影響による停電が続く千葉県で、県が災害用に備蓄する非常用発電機の半数以上が活用されていないことが20日、県の資料などでわかった。
県内では同日午後8時時点で約1万2千戸が停電しており、停電による断水も続く。

 この日開かれた県の災害対策本部会議の資料などによると、県は県内13の防災倉庫に発電機を計468台備えている。

今回の台風通過後に貸し出したのは、市町村には鋸南(きょなん)と神崎の2町で計6台だけ。

県警向けが210台で、主に信号機を動かすために使われた。

残り約250台は防災倉庫に眠った状態という。

 発電機にはコンセントがつき、一度の燃料の補充で3~4時間、明かりや煮炊きに使える。

県の地域防災計画では備蓄は「市町村を補完する」としており、市町村からの要請で貸し出す流れだ。

原則、避難所の運営や役場での予備電源など、行政サービスの維持に使うことが想定されており、今回は2町以外からの要請はなかったという。

県民への直接の貸し出しは想定されていない。

朝日新聞社

スポンサードリンク

千葉県の備蓄内訳。備蓄品の要請は市町村から。

千葉県の公式サイト上に掲載されている県の備蓄物資の内訳を転記しました。

2019年9月21日時点で、

発電機;468台、投光器;334台、炊飯装置;401台、ろ水機;エンジン付59台、手動式10台、簡易トイレ;1900台、飲料水自動包装充填設備;11組、給水槽;組立槽178台、車載型90台、担架;317台、毛布;74,250枚、防水シート;50,540枚、食料(クラッカー);435,234食、食糧(アルファ化米);85700食、非常用飲料水;509,000本、テント;15張、エアテント;55張、キャンドルセット;6,167個、入浴システム;5セット、生理用品;65,600枚、幼児用紙おむつ;49,300枚

とありました。

現時点の在庫については確認できませんでした。

本日のニュースでは468台の発電機のうち、警察向け210台、市町村には鋸南(きょなん)と神崎の2町で計6台、残り約250台は防災倉庫に眠った状態だそうですから、案外、役に立つ物資があるかもしれませんね。

県民への直接の貸し出しは想定されておらず市町村からの要請で貸し出す流れということです。

お問合せは、所属課室:防災危機管理部機器管理課災害対策室 電話:043-223-2191 FAX:043-222-1127 とありました。

ホーム > 防災・安全・安心 > 災害への備え > 県の防災対策 > 県の災害対策 > 県の備蓄

県の備蓄

大規模な災害が起きると、電気、ガス、水道が止まったり、家が壊れたり、当面はいつもどおりの生活はできません。
食べ物、飲み物などを買いに店に行っても、店が被害を受けていて閉まっていたり、開いていても売り切れてしまっていたりして、必要な物を買えるとは限りません。

県では、市町村の備蓄を補完し、災害応急活動を円滑に実施するため、避難生活に必要な物資を防災センターをはじめ、県内各地の倉庫に備蓄しています。
備蓄している物資は次のとおりです。

県の備蓄【県(危機管理課)で備蓄している物資(平成29年4月1日現在。市町村寄託を含む)】のページはこちら

スポンサードリンク

持ってたって使わなけりゃ😣

スポンサードリンク

少なくても…非常用発電気が有るのなら市区町村に県から装置の存在を伝えて使うか?使わないか?選択させるべきだとも思う

スポンサードリンク

「すべてを貸し出せば、緊急性の高い病院などで必要になった時に対応できない」と県の担当者。

スポンサードリンク

市民が知っていて自治体から市に要請すれば良かったのかしら?

スポンサードリンク

「何台調達できますか」と問合せが来たので調べたら既にその自治体には何十台も納入されていた、とか、色々あります。

スポンサードリンク

今回、被害の状況は、恐らく想定以上だったこと、把握出来るのに時間がかかった事が今後の課題

スポンサードリンク

世間の声

発電機在庫あるのに使わなくて、熱中症に気を付けてもないもんだ
これって県警やごく一部の町は使用しているんだから、情報を共有できなかったのはなぜ?と同時に、今日まで報道しなかったマスコミは知らなかったのなら無能だし知ってて報道しなかったのなら悪質ですね。
非常用発電機の半数超が活用されず
役所がなんでこんな体たらくで平気なのかってーと、理由は数年毎に人事異動で配置換えになっちゃうから。何がどこにあってどうゆう手続きで使えるかって、事前に頭に入っていない。緊急時に対応できない。。。
またこういうことだ。全然活用されていなかった。情けなさすぎる。
防災倉庫に発電機が眠っていたなんて、大体そういうのはお役所に任せておいてもダメなんだから、何が防災用に備蓄されているか一般公開するべきだろう。秘密にするな、ワシらの税金で買ったものなんだから
千葉県の停電。
森田県知事だけじゃなく、
そもそも市町村の台風災害に対する危機意識がふわっとしてたんだ。
行政と地元の議員の連携など、今後の課題に取り組んでほしい。
スポンサードリンク

まとめ

最後までお読みいただき有難うございました。
台風15号の被災地の皆様にお見舞い申し上げますとともに、一日も早く平常に戻れますようご祈念申し上げます。