2019台風15号千葉大停電

東電発表停電復旧3日以内?1週間以内?2週間以内?地域どこ?炎上!

2019年9月13日(金)産経新聞20:50配信によりますと、東京電力が3日以内、1週間以内、2週間以内に分けて、地域別に停電復旧の見込みを発表したとの事です。それぞれの地域はどこか、また世間の反応はどうでしょうか?

スポンサードリンク

東電停電復旧3日以内?1週間以内?2週間以内?それぞれの地域発表!

停電の全域復旧は2週間以内 東電発表、大幅に遅れ
出典 9/13(金) 20:50配信産経新聞<ヤフージャパンニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-00000577-san-soci

台風15号による大規模停電で、千葉県では発生から5日目の13日も午後18時現在で約18万5千戸の停電が続いた。
東京電力は作業員を1万6千人に増員して作業を急ぐが、全域復旧は2週間以内になるとした。

記事中190914千葉県内の停電復旧までに要する時間0913産経新聞

東電によると、千葉市や市原市(山間部を除く)などは比較的作業が順調に進んでおり、3日以内に復旧を見込んでいるという。
八街市や君津市、富津市などは設備の被害状況は確認できているが、工事量が多く、1週間以内になるとしている。

ただ、鴨川市や南房総市、館山市、鋸南町は広範囲にわたって設備被害が出ていて、点検から確認、工事着手に相当の時間が見込まれるという。
東電は「復旧は2週間以内になる」としている。

スポンサードリンク

【動画】2019年9月13日(金)千葉県の停電について東京電力の会見

スポンサードリンク

千葉県内の現在の停電状況

 

『東京電力パワーグリッド社の停電情報【現在の千葉県内の停電状況】』はこちら

スポンサードリンク

きょうから3日以内で復旧が見込まれるとしたのは、千葉市、市原市、袖ケ浦市、成田市、香取市、富里市、佐倉市、匝瑳市、旭市、銚子市、茂原市、木更津市、東庄町、横芝光町、酒々井町。

スポンサードリンク

1週間以内で復旧が見込まれるのは、富津市、君津市、勝浦市、いすみ市、東金市、大網白里市、山武市、八街市、多古町、芝山町、九十九里町、白子町、長柄町、長南町、睦沢町、一宮町、大多喜町、長生村。

スポンサードリンク

きょうから2週間以内でおおむね復旧が見込まれるとしたのは、南部の鴨川市、南房総市、館山市、鋸南町の被害が激しい地域。

スポンサードリンク

停電の全域復旧は2週間以内 東電発表、大幅に遅れ

スポンサードリンク

世間の反応

八街市や君津市、富津市などは設備の被害状況は確認できているが、工事量が多く1週間以内。鴨川市や南房総市、館山市、鋸南町は広範囲にわたって設備被害が出ていて、復旧は2週間以内
→被災者が保たないよ
現地の人的には死活問題で
「早く!」と思ってしまうけど
復旧も人間がやっていると思うと
「無理しないで頑張って!」とも…

#がんばれ東電

まさか台風で
ここまでなるとは思わなかったけど
今一度防災用品確認しとこ🤔

停電の全域復旧は2週間以内 東電発表、大幅に遅れ

勿論、疎開にはお金はかかる
しかし命には代えられない
不便な避難生活を強いられ苦しむよりは、普通に生活できる旅館・ホテル暮らしを選んだ方がいい
行政は、避難生活でかかった費用分を減税するとか支援したらどうか
東電最悪だね…
東日本大地震の後から信用はしてないけど…
二週間も掛かるほど大惨事になった
今回の大災害。
復旧するまでは安全な環境に避難した方がいいだろうね。
確かに千葉って房総半島南部に行くと信じられないくらい田舎だけど………いくらなんでも2週間は酷くないかい?
こんな時は緊急避難、特例措置が検討されてもいいんじゃないだろうかね。
酷い。落胆が大きい。
2.3日がどうして2週間になるんだ。近隣宿泊施設に振り分けてあげて欲しい。関連死出ちゃう。
乳児や高齢者のいる家庭。
昼過ぎに出ていた情報は、復旧に一週間とあったが、それが今は二週間に。あと一週間で元の生活に戻れると考えていた方々は、暗闇の中、今どんな想いだろう。人々のライフラインに関わる情報は、正確でなければならない。現場の混乱ぶりに、国のリーダーシップの欠陥を思う。
【悲報】停電全面復旧は2週間後か と東電発表

…ひどい…(°_°)なんとかもう少し早まらないかなぁ

停電の全域復旧は2週間以内 東電発表、大幅に遅れ

以降から以内、ということで復旧まで、最長2週間
2週間なら、手荷物まとめて近隣の旅館・ホテルで一時避難した方がいいと思う
電気も水も使えないのでは、生活は無理だ
「非難生活」の在り方を考えた方がいい
スポンサードリンク

まとめ

最後までお読みいただき有難うございました。
台風15号の被害は酷いレベルになりました。
電気は命のインフラ。
エアコンが使えないために建物内で熱中症でお亡くなりになった方も報道されています。
何といっても真っ先に守っていただかなくてはなりません。
台風や大雨の気象は毎年激しくなっているようです。
今回も多くの電柱や鉄塔が倒壊しています。
日本中の建物や電柱や鉄塔の強度、河川や海岸の堤防の基準を今回の佐賀の豪雨や台風15号に耐えられるようにしなければならないと思います。
同時に今回倒壊したものが、従来の強度基準をクリアする電柱だったのか?鉄塔だったのか?についても検証が必要だと思います。
被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。