ニュース

2019山口組ハロウィンはいつ?どこで?行ってはいけないに世間は?

サムネ190909ハロウィンに行かせてはいけない?

2019年9月8日(日)8:30配信の神戸新聞NEXTによりますと、指定暴力団山口組のハロウィーン行事対して、神戸市教育委員会は今年から、兵庫県警と協議して、地元の小中学生に足を運ばないよう指導を始めたとの事です。世間の反応や、ハロウィン行事がいつ、どこで行われるものなのか調べてみました。

スポンサードリンク

山口組ハロウィンへの神戸市教育委員会の方針転換とは?

山口組のハロウィーン、参加者は増加傾向 「受け取りダメ」学校で指導

出典 9/8(日) 8:30配信神戸新聞NEXT<ヤフージャパンニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00000001-kobenext-soci

指定暴力団山口組の総本部(神戸市灘区)が開くハロウィーン行事に多くの地元住民が参加している問題で、神戸市教育委員会は今年から、警察官を講師に招き、地元の小中学生に足を運ばないよう指導を始めた。

組員の子どもらへの配慮から従来は「ハロウィーン行事には行ってはいけない」との呼び掛けを控えていたが、警察官を講師に迎えて暴力団と接点を持つことの危険性を積極的に教えていくよう方針転換した。

市教委は昨年まで、周辺の学校に通う組員の子どもが差別されかねないとして、学校での指導を「知らない人から物をもらわないように」との文言にとどめていた。

しかし、参加者は年々増加傾向にあることから、兵庫県警と協議を進め、子どもや保護者への啓発を強化する方針を決めた。

 市教委によると、防犯教室の一環として、今月から総本部周辺の小中学校で説明を開始。

10月下旬までに終える。

県警暴力団対策課などの警察官が講師を務め、犯罪を資金源とする暴力団の悪質性や、抗争に伴う危険を教える。

 防犯教室では「抗争時に襲撃の標的になる組事務所に近づくのは危険」などと教える。

一般市民が犠牲になる抗争事件があったことにも触れる。

中学生には、組員が配る菓子が犯罪収益で購入されている可能性が高いことも伝える。

 市教委は「子どもらが山口組の総本部に次々と入っていく光景に危機感を持っている。
啓発を強化し、子どもを危険から守らないといけない」としている。

スポンサードリンク

山口組ハロウィンの菓子配布 学校で地元の小中学生に足を運ばないよう指導

スポンサードリンク

山口組ハロウィンはいつ?昨年は10月31日に総本部敷地内で、菓子の詰め合わせを配っていた

“>

神戸新聞◆山口組のハロウィーン、参加者は増加傾向 「受け取りダメ」学校で指導 https://t.co/FvdLyki4yA 「山口組はほぼ毎年の10月31日に総本部敷地内で、菓子の詰め合わせを配っている。昨年は親子ら約千人が参加したとみられる」

— deepthroat (@gloomynews) September 8, 2019


今年の実施日については確定情報は見つかりませんでしたが、もし行うなら例年通り10月31日の可能性が高いと思います。

スポンサードリンク

山口総本部はどこ

スポンサードリンク

山口組ハロウィン年々クオリティアップ

スポンサードリンク

山口組総本部で組員ハロウィン仮装し菓子配る様子

スポンサードリンク

山口組のハロウィン、参加者は増加傾向 

スポンサードリンク

世間の反応

そもそも配る菓子の原資はなによ?という時点でアウトかと思われます
「暴力団だけどタダでお菓子をくれるんなら行ってみよう」という乞食根性。そのお菓子を買った資金源が高齢者から騙し取った金や、飲食店などからのみかじめ料だということに思い至らないのだろうか。
震災の時も最も尽力していた組織ですからね。
私は社会の中で彼等の活かし方を造る事が社会改善に繋がる道なのかなと。
警察は学校でウダウダ言うよりお菓子配ったらいいんだよ

子どもはお菓子がほしいんだよ

むずかしい問題だよね。
組の資金源が全て犯罪にかかわりのある資金かというとそうでもないし…
昔ながらの組だもんなぁ…
スポンサードリンク

まとめ

最後までお読みいただき有難うございました。

地元民にとっては、安全第一であることが一番だと思います。

法務省【企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について】

国が「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について」を制定したのは平成19年でした。

これは企業が反社会的勢力【暴力団】と取引しないようにする指針を説明したものです。

吉本興業と反社会的勢力との関係性が大きく取り上げられたのはついこの間です。

このタイミングで神戸市教育委員会も方針転換せざるを得なかったのかもしれません。

誰でも動画や画像を簡単にインターネットを通じて全世界に発信できる時代になりました。

そうなりますと、子どもたちにはかわいそうかもしれませんが、世の中でコンプライアンスをより厳格化する傾向は止まらないと思います。