改正虐待防止法

4歳女児虐待で死亡!逮捕の容疑者は誰?市の無責任対応でSNS炎上!

サムネ190902何故これが虐待でないと判断したのか!

2019年9月1日 MBC南日本放送より、出水市の4歳女児が虐待の疑いで男が逮捕された件と、市が2日前面談も「見える範囲で外傷なし」との判断を下していたことが配信されました。容疑者の名前は特定されたのでしょうか?市や児相の対応に問題はなかったのでしょうか?世間の反応を調べてみました。

スポンサードリンク

【動画】4歳女児虐待で死亡!逮捕の容疑者は誰?市の無責任対応でSNS炎上!

死亡女児は全身に傷 最近まで住んでいた市“虐待確認できず”

NEWS DAILY
2019/09/01 に公開
鹿児島県出水市で4歳の女の子が死亡し、母親の21歳の交際相手が暴行の疑いで逮捕された事件で、女の子は全身に傷があることが警察への取材で分かりました。

最近まで住んでいた別の市では女の子が夜遅くに1人で歩いているところをたびたび保護されていますが、この市では虐待は確認できなかったとしています。

この事件で31日夜、逮捕された鹿児島県出水市明神町の建設作業員、日渡駿(ひわたししゅん)容疑者(21)は先月27日、同居する交際相手の子どもの大塚璃愛來(りあら)ちゃん(4)の頭を殴ったとして、暴行の疑いが持たれています。

女の子は翌日、「風呂で溺れた」として病院に搬送されたあと死亡しました。

警察によりますと、死因は溺死とみられますが、女の子の体には頭を含め、全身に傷があったということで、今後、傷害の疑いも視野に捜査することにしています。

一方、女の子と母親がことし7月まで住んでいた薩摩川内市によりますと、ことし3月に虐待の疑いがあるという情報が寄せられたほか、その後もおよそ2週間の間に4回にわたって、女の子が夜遅くに自宅近くを1人で歩いているところを保護されたということです。

市では当時、虐待は確認できず、母親に対し子どもの面倒をきちんとみるよう指導したほか、児童相談所などと会議を開き、同じようなことが起きた場合、一時保護する方針を決め、見守りの対象にしたということです。

引っ越し先の出水市にも情報を引き継いだとしていますが、同居していた日渡容疑者については「虐待が確認されなかったので、詳しい家庭環境まで踏み込めなかった」と話しています。

スポンサードリンク

4歳女児虐待で死亡!逮捕の容疑者は誰?市の無責任対応でSNS炎上!

出水4歳女児死亡 市が2日前面談も「見える範囲で外傷なし」
出典 9/1(日) 21:04配信 MBC南日本放送<ヤフージャパンニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190901-00037957-mbcnewsv-l46

 出水市で4歳の女の子が死亡し、同居する男が暴行の疑いで逮捕された事件で、出水市は女の子が死亡する2日前に面談したものの、「見える範囲で外傷はなかった」としてその日は特に対応しなかったことを明らかにしました。

この事件は、出水市の建設作業員・日渡駿容疑者21歳が先月27日に同居する交際相手の長女・大塚璃愛來ちゃん4歳の頭を殴ったとして暴行の疑いで逮捕されたもので、容疑を認めているということです。

璃愛來ちゃんは殴られた翌日に死亡しましたが、死因は水死とみられ、体に殴られたような傷が複数あり、警察は死亡と暴行の因果関係を調べています。

出水市は1日会見を開いて、璃愛來ちゃんの体にあざがあるとの情報を受けて、死亡する2日前に親子と面談していたことを明らかにしました。

そして、「見える範囲で外傷がなかったためその日は特に対応しなかった」と説明しました。

MBC南日本放送 | 鹿児島

スポンサードリンク

なぜこれが虐待でないと判断したのか! 

スポンサードリンク

亡くなる直前の虐待の確認がぱっと見って事?

スポンサードリンク

これで虐待認定出来ないって…

スポンサードリンク

県警が必要性を伝達するも児相は女児を保護せず

スポンサードリンク

4歳女児虐待で死亡!逮捕の容疑者は誰?市の無責任対応でSNS炎上!世間の反応!

虐待加害者、児相のやる事は同じ。虐待4度通報→子どもは保護されず→加害者転居→引越先で虐待死。結愛ちゃんの時と同じ?虐待の事実を知りながらもまた。鹿児島県知事宛に皆様の思いを!
夜に4歳時が1人でいること自体に対して虐待と判断しないってあなた達の仕事って何なの?しかも4回も…
1回でもあった時点で虐待だと思う。
1回位はってのもあり得ない。
シングルマザー、DQNネーム、若い交際相手と同棲。もう完全に虐待フラグ。なんとかできないの?本当に!対応に問題なかった?大ありだろうが!
虐待を許してはダメだ、傷害致死もダメ!
未必の故意の殺人罪を適用すべき!
普通、大人の男が4歳の女の子を痣が出来る位に殴るか?
死ぬとは思わ無かった等の言い訳を聞いちゃダメ!
人馴れしたライオンの檻に入れ、まさか襲うとは思わ無かったと笑ってやろう!
スポンサードリンク

4歳女児虐待で死亡!逮捕の容疑者は誰?市の無責任対応でSNS炎上!まとめ

最後までお読みいただき有難うございました。

改正虐待防止法 成立 「親の体罰禁止」「児相介入強化」の記事はこちら

2018年3月に東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん事件(当時5歳)、2019年1月の千葉県野田市の栗原心愛(みあ)さん事件(当時10歳)、同じく6月の札幌市中央区の池田詩梨(ことり)ちゃん事件(2つ)が衰弱死する事件などで、児相などの不手際が相次いで明らかになっています。

職員の皆さんは規定にしたがってまじめに対応されておられるにもかかわらず、時代の流れと法制度がミスマッチになっているようです。

こうした中、地元近隣からの何度もの通報にもかかわらず、警察や市や児相の対応不十分との批判がSNS上に多く寄せられています。

超高齢社会、核家族社会が進むほど、各家庭の育児力は弱まっていくと思います。

だからこそ、社会全体で子供たちを守る仕組みが必要だと思います。

改正虐待防止法もそうした時代の要請から成立しました。

大塚璃愛來(りあら)ちゃん(4)のご冥福を心からお祈り申し上げます。