ニュース

【動画】体罰で行政指導受け改善報告書の下関の保育園は?園長は誰?

サムネ190827下関認可保育園体罰で行政指導

2019年8月26日tysテレビ山口の配信によりますと、園児への体罰があったことを問題として、下関市から行政指導を受けた認可保育園が、改善報告書を市に提出したとの事です。どこの保育園なのか?園長先生の名前は?世間の反応は?調べてみました。

スポンサードリンク

【動画】体罰で行政指導受け改善報告書の下関の保育園は?園長は誰?

20190826 下関・体罰で行政指導の保育園が改善報告書 新生保育園

tysニュースタイム
2019/08/26 に公開
園児への体罰があったとして下関市から行政指導を受けた認可保育園が、子どもの人格を尊重することなどを盛り込んだ改善報告書を、市に提出しました。

改善報告書を提出したのは、下関市西観音町の「新生保育園」です。

「新生保育園」では、複数の保育士がしつけと称して園児の手をたたいたり、大声で叱ったりしたとして、先月、下関市から行政指導を受けました。

報告書では、子どもの人格を尊重して保育に取り組み、保護者からの相談態勢を強化するとしています。

職員への研修も実施するということです。

またこれまでの園の調査で、34人の職員のうち保育士12人が、程度に差があるにせよ体罰とみられる行為をしていたことが分かりました。

新生保育園の古田和子園長は「子どもをけがから守るためと両方だったかもしれないが、(たたくのは)間違いだったと思う。子ども自体をしっかり見て、言って聞かせる。言って分かってもらえるまで、それを繰り返すということのほうが大事だったと思う」と話していました。

市は報告書の内容を精査したうえで、年内に行う定期監査などで改善の状況を確認したいとしています。

スポンサードリンク

体罰で行政指導受け改善報告書の下関の保育園は?園長は誰?

職員34人中12人が体罰 下関の保育所が改善報告書 園児の手や尻をたたく
出典 8/26(月) 20:13配信 毎日新聞<ヤフージャパンニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00000046-mai-soci

 複数の保育士による園児への体罰が問題となった山口県下関市の私立認可保育所「新生保育園」は26日、職員34人のうち12人が園児の手や尻をたたく不適切な保育をしていたことを明らかにした

 園を運営する社会福祉法人「新生園」は同日、不適切な保育があった場合は園長が速やかに指導することなどを盛り込んだ改善報告書を市に提出した。

 保護者から相談を受けた市が7月末に文書指導し、報告書の提出を求めていた。

 報告書には、保護者から相談があった際は不適切な保育があった前提で園長が事実確認をし、職員を指導するなど再発防止策を記している。

提出後、古田和子園長は取材に対し「子供に繰り返し言って聞かせることが大切だった。国の定める保育指針に従っていきたい」と話した

【佐藤緑平】

スポンサードリンク

体罰で行政指導受け改善報告書。下関の保育園はどこにある?

スポンサードリンク

体罰で行政指導受け改善報告書。世間の反応は?

子供を守るため~と仰せだけど、録音音声はおねしょした子も叩いてたはず・・・この園長、老人ホームで漏らして叩かれても文句言えんなぁ #新生保育園
どの程度だったか。どの程度であれ、今の時代、何もできない。すぐにニュースになる。…気を付けないと…
お家でお母さんお父さんが躾したり、お行儀を教えないから
幼稚園、保育園は地獄と化すよね
目の前幼稚園なんどけど
お迎え時、飛び出した子供
親の放置が原因だったのだけど
保育士さんが責められるんだよ…
親の教育が行き届いていない子どもを世話するのって大変そう…
保育士さんには本当に頭が上がらない。
最近多い保育士の暴言虐待問題ですが、横浜市以外の熊本市、下関市、福岡市、真岡市の保育園での件では複数の保育士が暴言などの虐待に関わっています。全部ブラックなんだろうけど、まともな保育士はこういう園から早く逃げないと共犯で保育士としての人生終わりますよ。
スポンサードリンク

まとめ

最後までお読みいただき有難うございました。

こちらの記事は下関の新生保育園での体罰に対して、市が行政指導をした事例でした。

一方、今年2019年6月19日には、親の子どもへの体罰を禁止するとともに、児童相談所の体制強化を盛り込んだ改正児童虐待防止法と改正児童福祉法が、参院本会議で全会一致により可決、成立し、一部をのぞき来年2020年4月から施行されます。

家庭から教育の場まで、体罰をしつけの一環とする話法は通用しなくなりました。

体罰無しに、きちんと言葉やまごころで子供たちと接していかないといけないと思います。