台風・大雨

【動画】2019台風10号15日列島直撃!ハザードマップは確認できてますか?

サムネ190813台風10号直撃!ハザードマップ確認されましたか?
スポンサードリンク

2019年8月13日ウェザーマップ5時39分台風情報;超大型の台風10号は、あす14日からあさって15日にかけて暴風域を伴ったまま、強い勢力で西日本に接近、上陸するおそれ、総雨量1000ミリ超えの予想で、暴風、高波・土砂災害・高潮に厳重警戒が必要です。ご自宅の災害の可能性をハザードマップで確認されてますでしょうか?ネットの情報を集めました。

スポンサードリンク

【動画】ANNnewsCH 2019/08/13公開『超大型の台風10号が北上中 15日に西日本上陸の恐れ(19/08/13)』

超大型の台風10号が「お盆」の列島を直撃しそうです。15日には西日本に上陸の恐れがあります。 超大型の台風10号は紀伊半島の南の海上にあり、現在、時速15キロと自転車並みの速度で北西に進んでいます。14日には「強い」勢力に発達する見込みで、14日から15日にかけて強い勢力で西日本に接近・上陸する恐れがあります。今週後半は交通機関にも大きな影響が出そうです。すでに太平洋側には台風からのうねりや高波が押し寄せています。波浪警報が愛知県や愛媛県などに出ていて、台風の接近前から海は危険な状態です。高波に厳重な警戒が必要なうえ、14日から15日は西日本から東日本の広い範囲で暴風や大雨に警戒が必要です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

スポンサードリンク

【台風10号情報】(13日09時50分、気象庁発表)

スポンサードリンク

8/13(火) ウェザーマップ5:39配信『台風10号 15日に西日本上陸のおそれ 総雨量1000ミリ超えも 暴風、高波・土砂災害・高潮に厳重警戒』

台風10号 15日に西日本上陸のおそれ 総雨量1000ミリ超えも 暴風、高波・土砂災害・高潮に厳重警戒
出典 8/13(火) 5:39配信 ウェザーマップ<ヤフージャパンニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00010000-wmap-soci

記事中190813台風10号進路予想08130654発表

超大型の台風10号は、

あす14日からあさって15日にかけて暴風域を伴ったまま、強い勢力で西日本に接近、上陸するおそれがある。
西日本から東日本の太平洋側では、きょう13日から大しけとなり、14日から15日にかけては猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなる所がある。

また、台風接近に伴って、西日本から東日本の太平洋側では、多い所では総降水量が1000ミリを超える大雨になるおそれもあるため、暴風や高波、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。

 超大型の台風10号は、13日3時には日本の南にあって、1時間におよそ15キロの速さで北西へ進んでいる。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで暴風域を伴っている。

 台風は13日は日本の南を発達しながら北西へ進んで強い勢力となり、その後は進路を北よりに変えながら、14日から15日にかけて暴風域を伴ったまま、強い勢力で西日本に接近、上陸するおそれがある。

暴風・高波

記事中190813台風10号風と波に関する情報14日にかけて

 小笠原諸島や南西諸島では、台風の影響で風が強く吹き、海はうねりを伴い大しけとなっている。
小笠原諸島や南西諸島では14日にかけて大しけの状態が続く見込みだ。

 西日本から東日本の太平洋側でも台風の接近に伴って風が強まり、14日から15日にかけては非常に強い風が吹き、猛烈な風が吹く所もある。
また、西日本から東日本の太平洋側では、13日からうねりを伴って大しけとなり、14日から15日にかけては猛烈にしける所があるため、暴風やうねりを伴った高波に厳重な警戒が必要だ。

大雨・雷・突風

 東日本と西日本の太平洋側では、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が非常に不安定となるため、13日から雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、台風が接近する前から東から南東斜面を中心に大雨となるおそれがある。

また、台風の接近に伴って14日から15日にかけては、台風本体や周辺の発達した雨雲が流れ込むため、雷を伴った猛烈な雨の降る所があり、西日本中心に雨量がさらに多くなる見込み。

さらに15日以降も、南から暖かく湿った空気が流れ込むため西日本から東日本の太平洋側の広い範囲で雨が降り、台風の接近及び通過による総降水量は、西日本から東日本太平洋側の南東斜面を中心に、多い所で1000ミリを超える大雨となるおそれがある。

 土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風に注意し、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてほしい。

高潮

 13日から19日にかけて大潮の時期にあたるため平常時の潮位が高くなっており、西日本では台風の接近に伴って14日から15日にかけて、高潮のおそれがある。

スポンサードリンク

台風10号雨風ピーク予想

スポンサードリンク

台風の“大型”や“強い”という表現には明確な定義があります。

スポンサードリンク

まとめ【国交省のハザードマップポータルサイト

最後までお読みいただき有難うございました。
超大型で総雨量1000ミリ以上を予想される台風10号の動きに注意しましょう。
早め早めの対応が必要です。
ハザードマップを確認されてますか?
ハザードマップとは自然災害による被害を予測した地図で、火山噴火・地震・台風などが起きた場合に、災害を引き起こす可能性のある現象を地図上に示したものです。
ハザードマップには防災に役立てるために、避難場所や避難経路などの情報も地図上に示されています。
ハザードマップはインターネット上からいつでも確認できます。
国土交通省のハザードマップポータルサイトはこちらをクリック。

あわせて読みたい
サムネ190812台風10号Uターンラッシュ直撃か?
2019台風10号8/12最新情報!フェーン現象!Uターン直撃!?2019年8月12日(月)8:53配信の天気.jpによりますと、ほとんど停滞していた台風10号が動き始めたそうです。規模は発達するのか?上陸の恐れは?Uターンラッシュへの影響は?風、波、雨は?など今後の動きはどのような予想がでているのでしょうか?またツィッターの台風情報も集めました。 ...