ニュース

赤ちゃん衰弱死!千葉侑の刑は?保護責任者遺棄致死傷罪?殺人罪?

サムネ190704保護責任者遺棄致死傷罪裁判員裁判

赤ちゃん衰弱死!母親千葉侑の刑は?保護責任者遺棄致死罪?殺人罪?

今年1月、仙台市青葉区で、生後2カ月になる赤ちゃんを衰弱死させた罪に問われている母親に対する裁判員裁判で3日、本人に対する被告人質問が行われました。
被告は「手持ちの金が5、6千円しかなかった」「誰にも頼ることができなかった」などと話したそうです。
母親の問われている罪や、赤ちゃんが衰弱死にいたる母親の対応はどうだったのか?
ネットの情報や、反応を調べてみました。

あわせて読みたい
サムネ190703乳幼児健診+児童扶養手当
土屋りさ顔画像!乳幼児健診無視も児童扶養手当申請!陽璃ちゃん放置!2歳の娘を自宅に放置し死なせた疑いで逮捕された母親土屋りさが、7月2日仙台地方検察庁に身柄を送られました。 仙台市によりますと土屋りさ...
スポンサードリンク

赤ちゃんは何故衰弱死しなければならなかったのか?

出典 7/4(木) 6:10配信 仙台放送<ヤフージャパンニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-00010001-oxv-l04

「5、6千円しかなかった…」赤ちゃん衰弱死させた母親に対する被告人質問 母親涙ながらに「ごめんね」

今年1月、仙台市青葉区で、生後2カ月になる赤ちゃんを衰弱死させた罪に問われている母親に対する裁判員裁判で3日、本人に対する被告人質問が行われました。
被告は「手持ちの金が5、6千円しかなかった」「誰にも頼ることができなかった」などと話しました。

保護責任者遺棄致死傷の罪に問われている青葉区桜ケ丘の無職・千葉侑被告(28)。
千葉被告は、今年1月生後2カ月に満たない次男の楓翔(ふうと)ちゃんと双子の弟の三男に対し、十分な母乳や飲み物を与えず楓翔ちゃんを死亡させ、三男を脱水症などにさせたとされています。
裁判員裁判3日目の7月3日、千葉被告に対する被告人質問が行われました。
千葉被告は「自宅の徒歩圏内にミルクを売っている店がなかった。
当時、手持ちの金が5、6千円程度しかなく、交通費を考えるとミルクを買いに行けなかった」

「誰にも頼ることができなかった」と話しました。
また、楓翔ちゃんの体調の異変に気づきながらすぐに病院に連れて行かなかった理由については「命の危険があるとは思っていなかった」と答えました。
最後に裁判官から楓翔ちゃんに対して思うことはと聞かれ、「判断力がなかった。守ってあげられず、ごめんね」と、涙ながらに話しました。
裁判は7月4日、論告求刑と最終弁論が行われ、判決は7月10日に言い渡されます。

スポンサードリンク

【動画】仙台放送ニュースより 生後2カ月になる赤ちゃんに十分なミルクを与えず…乳児衰弱死 母親(28)「間違いありません」〈仙台〉 (19/07/01 20:44)


生後2カ月になる赤ちゃんに十分なミルクを与えず…乳児衰弱死 母親(28)「間違いありません」〈仙台〉 (19/07/01 20:44)

仙台放送ニュースチャンネル
2019/07/01 に公開
28歳の母親に対する裁判です。今年1月、仙台市青葉区で、生後2カ月になる赤ちゃんに十分なミルクを与えず衰弱死させたとして逮捕された母親に対する裁判員裁判が始まりました。母親は「間違いありません」と起訴内容を認めました。

保護責任者遺棄致死傷の罪に問われているのは、青葉区桜ケ丘の無職、千葉侑被告(28)です。

起訴状によりますと、千葉被告は、今年1月生後2ヵ月に満たない次男、楓翔(ふうと)ちゃんと、双子の弟の三男に対し、十分な母乳や飲み物を与えず、楓翔ちゃんを死亡させたほか、三男を低ナトリウム血症や脱水症などにさせたとされています。

7月1日、開かれた初公判で、千葉被告は「間違いありません」と起訴内容を認めました。
続く裁判の中で検察側は
「ミルクが無くなってからも、被告はたばこなどを購入し、携帯ゲームの課金も行っていた」
「預金口座には児童扶養手当などの金が残っていたにもかかわらず、必要な保護を行わなかった」と指摘しました。
一方、弁護側は、「家族も収入が少なく、頼ることができなかった」と生活が困窮していたことを主張した上で、
「今回の事件を後悔、反省している」と訴えました。
裁判は7月3日、被告人質問が行なわれ、判決は7月10日に言い渡されます。

スポンサードリンク

【動画】仙台放送ニュースより 「5、6千円しかなかった…」赤ちゃん衰弱死させた母親に対する被告人質問 母親涙ながらに「ごめんね」 (19/07/03 20:14)

「5、6千円しかなかった…」赤ちゃん衰弱死させた母親に対する被告人質問 母親涙ながらに「ごめんね」

仙台放送ニュースチャンネル
2019/07/03 に公開
今年1月、仙台市青葉区で、生後2カ月になる赤ちゃんを衰弱死させた罪に問われている母親に対する裁判員裁判で3日、本人に対する被告人質問が行われました。被告は「手持ちの金が5、6千円しかなかった」「誰にも頼ることができなかった」などと話しました。

保護責任者遺棄致死傷の罪に問われている青葉区桜ケ丘の無職・千葉侑被告(28)。
千葉被告は、今年1月生後2カ月に満たない次男の楓翔(ふうと)ちゃんと双子の弟の三男に対し、十分な母乳や飲み物を与えず楓翔ちゃんを死亡させ、三男を脱水症などにさせたとされています。
裁判員裁判3日目の7月3日、千葉被告に対する被告人質問が行われました。
千葉被告は「自宅の徒歩圏内にミルクを売っている店がなかった。当時、手持ちの金が5、6千円程度しかなく、交通費を考えるとミルクを買いに行けなかった」、「誰にも頼ることができなかった」と話しました。
また、楓翔ちゃんの体調の異変に気づきながらすぐに病院に連れて行かなかった理由については「命の危険があるとは思っていなかった」と答えました。
最後に裁判官から楓翔ちゃんに対して思うことはと聞かれ、「判断力がなかった。守ってあげられず、ごめんね」と、涙ながらに話しました。
裁判は7月4日、論告求刑と最終弁論が行われ、判決は7月10日に言い渡されます。

スポンサードリンク

ツィッター民の反応

【仙台市放置死、千葉侑】
仙台市、青葉区、桜ケ丘を地図で見ましたが、街中です。大型小売店も徒歩圏内にあるではありませんか。今日、7月4日は千葉侑への論告求刑と最終弁論が行われます。判決が10日に出るとのことです。民度の低い人だったのでしょう。母親になるべき人ではなかった。
【仙台放置死、千葉侑】
スマホでゲームをしている。つまり、クレカを所持、利用しています。そうであれば、スマホからアマゾンでクレカ決済で粉ミルクを注文できるはずなのに。しかも千葉被告は既に第1子がいます。育児が初めてではないのに。
なんで母親だけが逮捕なんだ?
衰弱した2~3ヶ月の赤ん坊の異変に気付かないはずないやろ。
同居してた実父が1番の悪やないの?
スポンサードリンク

児童扶養手当など入金があったのに

【また青葉区】
仙台市青葉区で今年1月、生後2か月の次男を衰弱死させ、双子の弟も衰弱させたとして母親の千葉侑(ゆう)被告(28)の裁判が7月1日、始まりました。口座には児童扶養手当など入金があったのに、タバコを購入、スマホゲームに課金していたようです。
スポンサードリンク

千葉侑の顔画像!

スポンサードリンク

母は容体悪化後も抱っこしながらゲーム

スポンサードリンク

3日の被告人質問で、容体が悪化次男を抱え「ゲームを」と説明。

スポンサードリンク

児童虐待から子どもを守る制度を知っていますか?【図】年々増加する児童虐待

スポンサードリンク

まとめ

最後までお読みいただき有難うございました。

遺棄罪についてはこちらをクリック⇒ウィキペディア

ウィキペディア「遺棄罪」より抜粋「遺棄致死傷罪」

遺棄罪又は保護責任者遺棄罪・不保護罪の罪を犯し、よって人を死傷させた者は、傷害の罪と比較して、重い刑により処断される(刑法219条)。

死傷の結果が生じた場合、結果的加重犯になり、219条によって処理されるが、結果に故意がある場合は、行為の態様によっては不作為による殺人罪(刑法199条)または傷害罪(刑法204条)が成立することもある。

赤ちゃんがぐったりしていても母親の千葉侑被告(28)は抱っこしながらゲームを続けたそうです。
いったい何が母親をそうさせてしまったのでしょうか?