ニュース

土屋りさ顔画像!乳幼児健診無視も児童扶養手当申請!陽璃ちゃん放置!

サムネ190703乳幼児健診+児童扶養手当

2歳の娘を自宅に放置し死なせた疑いで逮捕された母親土屋りさが、7月2日仙台地方検察庁に身柄を送られました。
仙台市によりますと土屋りさは、娘の陽璃ちゃんに、乳幼児健診を受けさせず、一方で児童扶養手当申請には訪れていたということです。

子供に受けさせるべき乳幼児健診を受けさせず、子育てのために支給される児童扶養手当申請はちゃんと行っていたというのはいかがなものでしょうか?

ネットの情報や反応を調べてみました。

あわせて読みたい
サムネ190701保護責任者遺棄致死罪
土屋りさ逮捕!保護責任者遺棄致死?ネグレクト?顔や職場は特定?7月1日宮城県警は土屋りさ容疑者を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕しました。 土屋りさ容疑者は何をして逮捕されたのでしょうか? ...

Contents

スポンサードリンク

【動画】土屋りさ身柄送検時の様子ほか。仙台放送ニュースチャンネル

スポンサードリンク

土屋りさ容疑者検察庁に身柄送検

出典 7/2(火) 12:22配信 仙台放送<ヤフージャパンニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000002-oxv-l04

死亡した2歳の娘は乳幼児健診受けず…2歳児放置死 25歳母親が送検〈仙台〉
2歳の娘を自宅に放置し死なせた疑いで逮捕された母親が、仙台地方検察庁に身柄を送られました。
死亡した娘は直近の乳幼児健診を受けていなかったということです。

保護責任者遺棄致死の疑いで送検されたのは、仙台市青葉区台原3丁目の飲食店従業員・土屋りさ容疑者(25)です。
警察によりますと、土屋容疑者は自宅に2歳11か月の娘、陽璃ちゃんを数日間放置し、6月末ごろ、低体温症で死亡させた疑いが持たれています。
土屋容疑者の話では、陽璃ちゃんは3日以上放置されていたとみられ、体重は8.6キロと平均の3分の2ほどでした。
仙台市によりますと、陽璃ちゃんは、8ヵ月から9ヵ月と1歳半、2歳半の乳幼児健診を受けておらず、土屋容疑者は文書や電話での再三の連絡にも応じなかったということです。
一方で、児童扶養手当などの申請には訪れていて、その際には、育児に悩んでいる様子は見られなかったということです。
警察は、普段から育児放棄がなかったかなど詳しく調べています。

仙台放送

スポンサードリンク

考えられない人としておかしい。

スポンサードリンク

人間のクズと言わせてもらいます。

スポンサードリンク

児童扶養手当の手続きはしっかりやるのに、乳幼児健診は全く受診してないとか、連絡取れないとか意味がわからん。

スポンサードリンク

もっと本気で子供達を救おうよどうしたらいいの?

スポンサードリンク

この子の孤独な日々や、空腹で死ぬ最後を想像すると、やるせない。

スポンサードリンク

健診に来なかったら、児童手当の支給止めるとかできないもんなのかね(´ω )

スポンサードリンク

2歳娘放置し死なせた母親(25)送検…生後8ヵ月以降、娘に乳幼児健診“受けさせず”

健診受けさせてない親に児童手当渡すな!
こういう家庭はもう健診時に手渡しにした方がいいんじゃない?
3度も健診飛ばすなら訪問とか何らかの対応すべきじゃないの?
もうほんまいい加減健診も3歳までの義務化とかにして!!行かないとか明らかおかしいんだし!子供側だけじゃなく親の危険だって判るしさ手当申請に来てるとか健診も役所内の事なんだからオカシイの気付いてよ

死亡した2歳の娘は乳幼児健診受けず…2歳児放置死 母親送検

仙台2歳児放置死 乳幼児健診途中から受けさせず – 毎日新聞 子供情報、なぜすぐに伝えなかったの?お役所仕事だね!
札幌や宮城の放置事件見てると、乳幼児健診は義務にして来ないなら押しかけるくらいしたほうがいいのかなとか思っちゃった
保育園に通わせてない子は家庭外でチェックできないし、乳幼児健診義務化して、健診を受けないと児童扶養手当などの申請ができないっていうようにできないのでしょうか
健診受診せず手当申請は行ってたって、なんだか
「8カ月から9カ月と1歳半、2歳半の乳幼児健診を受けていなかった」

え?
だったら区役所が警察に通報して助けられたんじゃないか?
健診を受けない奴は刑事罰にした方がいい。

乳幼児健診の未受診情報は、行政で共有し、要対応対象になるのでは?
それとも、限られた自治体だけなのかな🤔

それとも…放ったらかしだった?
こんな子どもが何人いるんだろう😓

スポンサードリンク

乳幼児健診に来ない所には強制的に訪問健診するといいよ。

スポンサードリンク

まとめ

仙台市によりますと、陽璃ちゃんは、8ヵ月から9ヵ月と1歳半、2歳半の乳幼児健診を受けておらず、土屋容疑者は文書や電話での再三の連絡にも応じなかったということです。
一方で、児童扶養手当などの申請には訪れていて、その際には、育児に悩んでいる様子は見られなかったということです。

この2つの事実を突き合せさえすれば、

土屋りさの育児状況の危うさは明白です。
明白になり次第、乳幼児の命に関わる事案として緊急対応しなければならない筈です。

大至急、全国の自治体で乳幼児健診を受けていないにもかかわらず児童扶養手当申請を行っている一人親家庭を洗い出し、即刻、乳幼児の安全安心を確保しなければならないのではないでしょうか。

乳幼児健康診査(にゅうようじけんこうしんさ)は、母子保健法(昭和40年8月18日法律第141号)第12条及び第13条の規定により市町村が乳幼児に対して行う健康診査。乳幼児健康診断、乳幼児健診とも称される。⇒ウィキペディア「乳幼児健康診査」はこちらをクリック

児童扶養手当(じどうふようてあて)とは、父母が離婚するなどして父又は母の一方からしか養育を受けられない一人親家庭などの児童のために、地方自治体から支給される手当である。社会保障上では、特別のカテゴリーを対象とした社会手当(Social assistance)に分類される。⇒ウィキペディア「児童扶養手当」はこちらをクリック