台風・大雨

2019滝のような雨500mm超6/29-7/2ハザードマップ確認!

サムネ190629こうなる前にハザードマップで確認しておこう!

2019滝のような雨500mm超6/29-7/2ハザードマップ確認!

Contents

スポンサードリンク

広範囲で強い雨や雷雨に注意
ウェザーニュース
2019/06/30 に公開

今日6月30日(日)は、梅雨前線上の低気圧や湿った空気の影響で雨が降るところが多く、九州や四国、近畿南部、岐阜や北陸などでは激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。河川の増水や土砂災害に注意・警戒してください。

スポンサードリンク

お天気キャスター解説 6月30日(日)の天気  おはようございます。ウェザーニュースキャスターの高山奈々です。 

きょうも広いエリアで傘の出番。東北南部から九州では強まる雨や雷雨に注意が必要です。大雨となり、道路冠水や河川増水の恐れもあります。
関東では、午前中ほど本降りの雨。蒸し暑くなるので、熱中症にはご注意ください。

明日にかけて、西日本中心に大雨が心配です。
最新の天気情報や各自治体から発表される情報も合わせてご確認ください。
あらかじめ避難の準備を進めてください。避難をする場合は明るい時間に完了するようにしてください。

スポンサードリンク

配信日時:2019年6月30日 7時06分配信 ヤフー天気・災害 
きょうからあすにかけては、西~東日本を中心に激しい雨が降りそうです。
特に九州では、災害級の大雨となるおそれがあります。(気象予報士・杉山真理)

スポンサードリンク

2019年6月29日 19時18分配信動画 ヤフー天気・災害 6/29(土)19時 九州~北陸で大雨警戒 この時期1~2か月分の雨量も

日曜日、月曜日にかけては、九州~北陸で雨量が増えていきそうです。土砂災害や河川の増水・氾濫、低地の浸水などに警戒してください。(気象予報士・杉山真理)

さて、今いる場所が、万が一洪水になった時にどのくらいの水深になるかご存知でしょうか?

これを事前に教えてくれるのがハザードマップです。

ハザードマップは全国の市町村が整備しています。

いますぐ地域名+ハザードマップで確認しておき、いざという時にいち早く命を守る行動をとりましょう。

ハザードマップ情報を確認できた方は、周りの方々に教えてあげましょう。

スポンサードリンク

数日続く「滝のような雨」 500ミリ超の大雨の恐れ

出典 6/29(土) 16:34配信 tenki.jp<ヤフージャパンニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00002016-tenki-soci

数日続く「滝のような雨」 500ミリ超の大雨の恐れ

7月2日(火)にかけて局地的に滝のような雨が降り、大雨に。同じ地域で数日間、雨が降り続き、災害が起こるような大雨の恐れがあります。

滝のような雨 数日続く

今夜(29日)から7月2日(火)にかけて、本州付近に停滞する梅雨前線の活動が活発化する予想です。
大雨のもととなる暖かく湿った空気が大量に流れ込むため、九州から北陸にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となるでしょう。
非常に激しい雨とは滝のように降る雨で、道路が一気に川のようになってしまうこともあります。
今回は、滝のような雨を降らせる活発な雨雲が同じ地域に、数日間、かかり続けるため、災害につながるような大雨となる恐れがあります。

平年の7月ひと月の雨量を超すような大雨か

九州から北陸にかけて、まるで梅雨末期のような雨の降り方となるため、大雨による災害に警戒が必要です。
その中でも、特に雨量が多く予想されているのが、九州北部です。
降り始めからの雨量が500ミリを超すような大雨となる恐れがあります。
これは平年の7月ひと月分の雨量に匹敵、または超すような大雨で、災害につながるような雨の降り方です。
土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。
今のうちから、避難経路の確認をし、最新の気象情報とともに、自治体から出される避難情報に注意するようにして下さい。

日本気象協会 本社 吉田 友海

スポンサードリンク

東京都江戸川区の例 ハザードマップに「ここにいてはダメ」どうしたら?(19/06/04)

ANNnewsCH
2019/06/04 に公開

東京・江戸川区が作成したハザードマップの表現が過激すぎると住民たちから困惑の声が上がっている。
書かれていたのは「ここにいてはダメ」の文字だ。 
困惑の声を上げるのは江戸川区に住む人たちだ。
その訳が、「ここにいてはダメです」。
インパクトのある表現が大きな反響を呼んでいるのだ。
なぜ、こんな表現にしたのか。
江戸川区に話を聞くと・・・。 
江戸川区危機管理室防災危機管理課・本多吉成統括課長:
「区民に大規模水害のことをよく知って頂く。
自分の命は自分で守るということに結び付けてほしいとこのフレーズを使った」
 実は江戸川区には水害に弱い地理的な特徴がある。
江戸川区は西に荒川、東に江戸川、南は東京湾と三方を水に囲まれているうえ、海抜0メートル地帯も少なくない。
川の氾濫や高潮による大規模な水害が起こると、町のほとんどが水につかる恐れがあるのだ。
さらに心配されるのが浸水時間だ。
かつて大型台風で町が浸水した時、水が引いたのは半月も先のことだったという

スポンサードリンク

神奈川県黒岩知事が解説!豪雨災害に備え、ハザードマップをチェックしよう! 2018/7/26 Thu.

かなチャンTV(神奈川県公式)
2018/07/27 に公開
かなチャンTV、「教えて!黒岩さん」特別版です。
「平成30年7月豪雨」が発生しました。
被災地の一日も早い復旧を願います。
もし神奈川県でこのような災害が起きたら??
ぜひご自分がお住まいの市町村のハザードマップをご覧いただき、状況を確認してください

スポンサードリンク

一般社団法人 日本損害保険協会がハザードマップについて解説 こちらは「第1章自然災害とハザードマップ」の動画になります。

一般社団法人 日本損害保険協会
2017/10/03 に公開

ハザードマップは「あなたを自然災害から守るための、まちのレントゲン写真」。

私達の住む日本には、さまざまな災害の危険が。ハザードマップの種類も多種多様。
ハザードマップの役割と、日本で発生しやすい主な自然災害について解説しています。

本動画の詳細は、日本損害保険協会・防災教育情報ページへ。動画で学ぼう! ハザードマップ

一般社団法人 日本損害保険協会がハザードマップについて解説 こちらは「第2章 洪水ハザードマップの活用方法」の動画になります。

洪水ハザードマップが教えてくれるのは「水に浸かる範囲と最大の深さ」。 スムーズな避難を促すための地図なのです。
洪水ハザードマップからわかること、洪水の際に注意すべき点などを解説しています。

まとめ

毎年毎年気象は激しくなっており、日本のどこにいようと命を奪われるような自然災害が起きています。
出先でも自宅でも、今いる場所のハザードマップを理解しておけば迷わずに行動できます。
ネットを活かして自分の命を守る対策について備えておきましょう。