スポーツ

【動画】八村塁NBAドラフトで指名?何巡目?チーム?プロフィール?

スマホ190621頑張れ!八村塁!

【動画】八村塁NBAドラフトで指名?何巡目?チーム?プロフィール?

2019年6月21日八村塁選手が、NBAドラフト指名で歴史的快挙を達成したそうです。

八村塁選手はNBAドラフトでどのような位置で指名を受けたのでしょうか?

ネットの記事や反応はどうでしょうか。

また指名したチームや八村塁選手のプロフィールも調べてみました。

スポンサードリンク

【動画】八村塁がNBAドラフトでウィザーズ一巡目指名!日本人初!

スポンサードリンク

6/21(金) 9:32配信 バスケットボールキング配信記事 八村塁、日本人初の1巡目! ウィザーズが全体9位で指名

八村塁、日本人初の1巡目! ウィザーズが全体9位で指名
出典 6/21(金) 9:32配信 バスケットボールキング<ヤフージャパンニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00170146-bballk-spo

6月21日(現地時間20日)にNBAドラフト2019が行われ、ゴンザガ大学に所属する日本代表の八村塁がワシントン・ウィザーズから1巡目全体9位指名を受けた。

 1巡目での指名は日本人史上初の快挙。
ドラフトで日本人選手が指名されるのは、1981年にゴールデンステート・ウォリアーズから8巡目171位で指名を受けた岡山恭崇氏以来38年ぶり2人目となる。

 八村は富山県出身の21歳で、ベナン人の父、日本人の母を持つ。
奥田中学校から明成高校に進学し、2013年から3年連続でウインターカップを制覇。高校卒業後にアメリカへ渡った。

 ゴンザガ大では1年次こそ1試合平均4.6分と出番が限られたものの、同20.7分と出場時間を伸ばした2年次には同11.6得点4.7リバウンドをマーク。
3年次はエースとして活躍し、同30.2分に同19.7得点6.5リバウンド1.5アシストを挙げた。
NCAAの年間最優秀スモールフォワードに与えられる「ジュリアス・アービング賞」を受賞したほか、現地メディア『Sporting News』、USBWA(アメリカバスケットボールライター協会)、NABC(アメリカバスケットボールコーチ協会)の3部門でファーストチーム入り。
バスケットボールの本場で飛躍を遂げ、4月16日(同15日)にNBAドラフトへのアーリーエントリーを表明していた。

 また、日本代表の「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」出場にも大きく貢献。
4試合の出場で平均21.5得点6リバウンド1.3アシスト1.8スティール1ブロックを叩きだした。

BASKETBALL KING

スポンサードリンク

八村塁選手がワシントン・ウィザーズに全体9位で指名されました。

スポンサードリンク

【NBAドラフト速報】

スポンサードリンク

ウィザーズ八村塁 NBA1巡目9位 最大年俸約5億

スポンサードリンク

八村塁選手のプロフィール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』20190621時点

八村 塁選手の 最新ウィキペディア情報はこちらをクリック

Rui Hachimura
Rui Hachimura with Japan (2018).jpg
日本代表戦での八村(2018年)
ワシントン・ウィザーズ No.21
ポジション SF/PF
背番号 21
身長 204.5cm (6 ft 9 in)
体重 108kg (238 lb)
ウィングスパン 218cm (7 ft 2 in)
足のサイズ 34cm
最高到達点 386cm
基本情報
本名 八村塁
愛称 るい、ハッチ
ラテン文字 Rui Hachimura
誕生日 1998年2月8日(21歳)
国 日本の旗 日本
出身地 富山県
ドラフト 全体9位
選手経歴
2010-2013
2013-2016
2016- 富山市立奥田中学校
明成高等学校
ゴンザガ大学
受賞歴
オールアメリカンファーストチーム (2019)

WCC MVP (2019)
2× オールWCCファーストチーム(2018, 2019)
ジュリアスアービング賞 (2019)
代表歴
キャップ 日本の旗 日本 U-17 2013
日本の旗 日本 U-18 2014
日本の旗 日本 U-19 2017
日本の旗 日本 2015-
表示
八村 塁(はちむら るい, 1998年2月8日 – )は、富山県出身のバスケットボール選手。身長204.5cm、体重108kg、父親がベナン人、母親が日本人。ポジションはパワーフォワード/スモールフォワード。アメリカ合衆国のゴンザガ大学在学中。

目次
1 経歴
1.1 若齢期・高校
1.2 カレッジ
1.3 代表歴
2 個人成績
2.1 大学
3 人物
4 脚注
5 外部リンク
経歴
若齢期・高校
富山県で生まれ、幼少時は陸上の短距離と野球をやっていた。投手と捕手を兼任しており、イチローに憧れる野球少年で、中学でも野球部に所属していた。
しかし、当時の野球部の同級生から、バスケットボールを勧められ、根負けする形で転部した[5]。

富山市立奥田中学校で第42回全国中学校バスケットボール大会準優勝[6]、大会ベスト5に選出される。

宮城県の私立明成高等学校に入学し、1年生で出場した第44回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会では、決勝戦でゴール下を支配し、32得点を挙げ、明成高等学校の優勝に貢献した。

2年生の第45回大会に於いても2年連続優勝に貢献し、第44回から2大会連続でベスト5に選ばれている。
また2015年夏に開催された第68回インターハイでは、決勝で愛知県の桜丘高等学校を92-69で破り初優勝した[7]。
ウインターカップ2015の男子決勝では34得点、19リバウンドを記録し、明成が78-73で土浦日大に逆転勝利で大会三連覇を達成した[8]。

カレッジリクルート時の評価データーは、以下の通りである。

氏名 出身 高校 / 大学 身長 体重 コミット日
Rui Hachimura
SF/PF Sendai, Japan Meisei 6 ft 8 in (2.03 m) 210 lb (95 kg) 2015年11月20日
Scout:4/5 stars Rivals:3/5 stars 247Sports:3/5 stars ESPN: N/A ESPNグレード: NR
全リクルート順位: Scout: NR Rivals: NR 247Sports: #136 ESPN: NR
注意: 多くの場合、Scout、Rivals、247Sports、ESPNの間で身長、体重が一致しない可能性がある。
これらの場合、平均をとっている。ESPNグレードは100ポイントスケールに基づいている。
出典:

“2016 Gonzaga Rivals Commits”. Rivals.com. Retrieved November 20, 2015.
“2016 Gonzaga Scout Commits”. Scout.com. Retrieved November 20, 2015.
“2016 Gonzaga ESPN Commits”. ESPN.com. Retrieved November 20, 2015.
“Scout.com Team Recruiting Rankings”. Scout.com. Retrieved November 20, 2015.
“2016 Team Ranking”. Rivals.com. Retrieved November 20, 2015.
“2016 Gonzaga 24/7 Sports Commits”. 247sports.com. Retrieved November 20, 2015.

カレッジ
ゴンザガ大学に進学を決めて渡米し、2016年11月5日に初出場を果たし、11分出場で、9得点、3リバウンドを記録した[9]。
チームはWCCカンファレンスで優勝してNCAAトーナメントに進出。
八村は1回戦で1分出場し、NCAAトーナメントに日本人として初めて出場した。
さらに準々決勝・ゼイビア大戦の残り1分を切ったところで出場機会を与えられると3ポイントシュートで日本人初得点を決めた。
ゴンザガ大はトーナメントで準優勝した。
八村は28試合に出場、1試合平均4.6分で2.6得点1.4リバウンド[10]。
2017-18シーズンは2試合のスターターを含む37試合に出場し、11.6得点、4.7リバウンドの記録を残した[11]。
2018年3月22日、2年連続で進出したNCAAトーナメントでは、フロリダ州立大学に敗れ、スウィート16に終わった。
2年連続のファイナル4進出とはならずゴンザガ大2年目のシーズンを終えた[12][13]。

代表歴
2013年9月イランで行われたバスケットボールアジアU-16選手権に、日本代表として出場、チームの大黒柱として活躍し3位に入り[14]、1998年の田臥勇太世代以来、日本のジュニア代表を15年振りに世界選手権出場に導いた。
2014年8月ドバイで行われたU-17世界選手権で日本代表としてアメリカの代表と対戦した。
日本代表は高校生のベストメンバーを揃えて臨んだが、122対38の大敗を喫した中で、八村はチームの38点のうち25得点を奪う孤軍奮闘を見せ、試合後のインタビューで八村は「すごく楽しかったです。
苦しくないです。
楽しくて苦しいんです。」と語っている[15]。
八村はこの世界選手権で大会得点王(平均22.6点)を獲得した
2015年にバスケットボール男子日本代表候補に高校生選手としては唯一選ばれている[16]。
代表の長谷川健志監督は「高校生離れしている」と語り、4年ぶりに代表候補に復帰した田臥勇太も「能力がある。うらやましい」と語っている[17]。
2018年6月、韓国との強化試合で代表デビュー。

個人成績
略称説明
GP 出場試合数 GS 先発出場試合数 MPG 平均出場時間
FG% フィールドゴール成功率 3P% スリーポイント成功率 FT% フリースロー成功率
RPG 平均リバウンド数 APG 平均アシスト数 SPG 平均スティール数
BPG 平均ブロック数 TO 平均ターンオーバー数 PPG 平均得点
太字 キャリアハイ リーグリーダー 優勝シーズン NBA FINAL CHAMP.png
大学
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2016–17 Gonzaga 28 0 4.6 .528 .286 .542 1.4 .1 .2 .1 2.6
2017–18 Gonzaga 37 2 20.7 .568 .192 .795 4.7 .6 .5 .5 11.6
2018–19 Gonzaga 37 37 30.2 .591 .417 .739 6.5 1.5 .9 .7 19.7
Career 102 39 19.7 .579 .316 .746 4.4 .8 .6 .5 12.1

人物
米国メディアの取材記事によれば、幼少期は野球少年で、イチローに憧れていた[18]。
中学でも野球を続けていたが、友人からバスケットボールを勧められる。
八村は、当時バスケットボールのルールも知らなかったために興味を持たず、断っていたが、あまりの熱心さに根負けして、バスケットボール部のテストを受ける。
そこでコーチに絶賛され、バスケットボール部に転部した。
そのコーチに「おまえはNBAに行くんだ」と言われ、以降バスケットボールに打ち込むようになった[18]

Sports Graphic Numberの取材で、好きな選手はミルウォーキー・バックスのジャバリ・パーカーとヤニス・アデトクンボ、ヒューストン・ロケッツのカーメロ・アンソニー、そしてデンバー・ナゲッツのエマニュエル・ムディエイと答えている[19]。

スポンサードリンク

ワシントン・ウィザースのプロフィール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』20190621時点より抜粋

ワシントン・ウィザースの 最新ウィキペディア情報はこちらをクリック

ワシントン・ウィザーズ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動検索に移動
ワシントン・ウィザーズ
Washington Wizards
チームロゴ 赤、白、青を基調としたバスケットボールを背景に、その中は星とワシントン記念塔にいたデザイン。
所属リーグ NBA アメリカ合衆国の旗カナダの旗
カンファレンス イースタン・カンファレンス
ディビジョン サウスイースト
創設 1961年
チーム史 シカゴ・パッカーズ
(1961-1962)
シカゴ・ゼファーズ
(1962-1963)
ボルティモア・ブレッツ
(1963-1972)
キャピタル・ブレッツ
(1973-1974)
ワシントン・ブレッツ
(1974-1997)
ワシントン・ウィザーズ
(1997 – )

アリーナ キャピタル・ワン・アリーナ
チームカラー 赤、白、青
オーナー テッド・レオンシス(英語版)
社長 アーニー・グランフェルド
GM アーニー・グランフェルド
ヘッドコーチ スコット・ブルックス
優勝歴 1回 NBA FINAL CHAMP.png(1978年)
ファイナル進出 4回(1971年, 1975年, 1978年, 1979年)
ディビジョン優勝 8回(1969年, 1971年, 1972年, 1973年, 1974年, 1975年, 1979年, 2017年)
永久欠番 10 11 25 41
ユニフォーム
Kit body washingtonwizardsh.pngHomeのジャージKit shorts washingtonwizardsh.pngチームカラー
Home
Kit body washingtonwizardsa.pngAwayのジャージKit shorts washingtonwizardsa.pngチームカラー
Away
Kit body washingtonwizards3.pngAlternateのジャージKit shorts washingtonwizards3.pngチームカラー
Alternate

ワシントン・ウィザーズ(Washington Wizards)は、アメリカ合衆国ワシントンD.C.に本拠を置く全米プロバスケットボール協会(NBA)のチーム。イースタン・カンファレンス、サウスイースト・ディビジョン所属。チーム名は1997年まで”bullets”「弾丸」であったが、銃社会が批判に曝される風潮の中、イメージダウンを招くとして”Wizard”「魔法使い」に変更された。

歴史

チーム創設期
現在、ウィザーズとして知られているチームは、1961年にシカゴ・パッカーズとして新規加入したチームが始まりである。翌年、ゼファーズと名前を変えている。その次の年にメリーランド州ボルティモアに本拠を移動し、ボルティモア・ブレッツになる。1940年代に存在したボルティモア・ブレッツとは何の関係もない。
1964-65シーズンを前に大型トレードをデトロイト・ピストンズとの間で行い、このシーズン初めてプレイオフに進出、セントルイス・ホークスを3-1で破り、ウェスタン・カンファレンス決勝でロサンゼルス・レイカーズに2勝4敗で敗退した。

1960年代後半から1970年代
1968年には、殿堂入りする2選手が加入する。アール・モンローとウェス・アンセルドである。その年チームは前年の36勝から57勝へと大きく改善された。アンセルドは新人王とMVPを獲得した。その年のプレイオフで期待されたブレッツだったが、1回戦でニューヨーク・ニックスの前に0-4で敗退した。その次の年も両チームはプレイオフ1回戦で対戦しニックスが勝ち上がった。
70-71シーズン、イースタン・カンファレンス決勝で再びニックスと対戦したが、この時ニックスの主力ウィリス・リードは負傷しており、4-3で勝利したブレッツは初めてNBAファイナルに進出した。しかしファイナルではミルウォーキー・バックスに0-4で一蹴された。そのシーズン以降3年連続でニューヨーク・ニックスとプレイオフで戦い全て敗戦する。
1973年にチームは、メリーランド州ランドオーバーに移動し、キャピタル・ブレッツになるが、翌年、ワシントン・ブレッツに名前を変える。移転以降も1990年代半ばまでブレッツは年に数試合をボルティモアで行った。
1974-75シーズンを60-22(ホームでは36-5)で終了し、2度目のNBAファイナルへと進むが、リック・バリー率いるゴールデンステート・ウォリアーズに0-4で敗れる。
翌シーズン前年より12勝減らし、クリーブランド・キャバリアーズにプレイオフで敗れたブレッツは勝率62%を記録したヘッドコーチ、K.C.ジョーンズを解雇する。
1977-78シーズン、ディック・モッタに率いられたエルヴィン・ヘイズ、アンセルドのブレッツは44勝38敗でシーズンを終えたがそこから長い道のりであったNBAファイナルまで勝ち進み、シアトル・スーパーソニックスを4-3で破りNBAチャンピオンとなった。翌79-80シーズンも再びNBAファイナルまで進んだが、その年は逆に1勝4敗で敗れた。
その後も87-88シーズンまでほぼ毎年プレイオフに進出したが、81-82シーズン以降はプレイオフ1回戦を突破することはなく、その後96-97シーズンにプレイオフに進出するまで低迷期を迎えることになる。

低迷期
1989-90シーズン、ブレッツは5勝1敗でスタートしたが12月半ばから1月半ばまでの18試合で16敗して、平均得点でジェフ・マローンが24.3得点、バーナード・キングが22.3得点あげたが24勝58敗で終わった。
1990-91シーズン、ブレッツは30勝しかあげられなかったが、バーナード・キングが1984-85にニューヨーク・ニックスにいたときにひざを故障して以来最高となる平均28.4得点をあげた。この年、彼は50得点以上を2回記録した。
1993-94シーズン、ブレッツは故障に泣かされ、レックス・チャップマン、パーヴィス・エリソン、ドラフト1巡目のカルバート・チェイニーがシーズンのほとんど欠場し、24勝58敗に終わった。
低迷を打開するため、1994年のNBAドラフトでジュワン・ハワードを指名し、1994-95シーズン途中にトム・ググリオッタと交換でクリス・ウェバーを獲得するなど若返りを図った。
翌95-96シーズンは、ウェバーが怪我のためほとんどの試合で欠場したが、ルーキーのラシード・ウォレスが代わって先発に入り平均二桁得点を残し、ハワードが平均22.1点を記録してオールスターに選ばれるなど将来性を感じさせるシーズンとなった。成績は5割近くまで上げシーズンを終えた。
1996年7月にラシード・ウォレスと交換でロッド・ストリックランドを加えたチームは、1996-97シーズン、44-38の成績を挙げ9年ぶりにプレイオフに進出した。プレイオフはマイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズにスウィープで敗れた。

ワシントン・ウィザーズ初期
1995年のオフシーズンにブレッツからウィザーズに名称変更するつもりであることが発表された。高い犯罪率に悩むワシントンD.C.地域にとって、ブレッツ(弾丸)という名称が銃犯罪を連想させることが改名の理由であった。ドラゴンズ、エクスプレス、スタリオンズ、シードッグス、ウィザーズなどが候補になった。
1997年5月15日、チームは、ブレッツからウィザーズへの名称変更と新しいロゴについて発表した。また、この年にワシントンD.C.を本拠にし、ベライゾンセンターをホームアリーナとして、現在に至っている。
1998年5月、オフコートでの問題が多かったウェバーを放出し、ミッチ・リッチモンドとオーティス・ソープを獲得した。リッチモンドは加入後2シーズン連続で得点面でチームを牽引したが、成績は5割を割るようになり下降していった。

マイケル・ジョーダンの加入
2000年1月19日にマイケル・ジョーダンがウィザーズの共同オーナーに就任するが、2000-01シーズンに過去最低勝率をマークするなど、チーム状態はどん底を極めていた。主力のハワード、リッチモンド、ストリックランドは放出され、チームは再建に入った。
2001年、NBAドラフトの全体1位指名権を獲得したチームはクワミ・ブラウンを指名し、その数ヵ月後ジョーダンの復帰を発表した。ジョーダンは負け癖の付いていたチームを引っ張ったが、1年目の2001-02シーズンはジョーダン欠場中の成績が悪く、2年目の2002-03シーズンは、シーズン前にリチャード・ハミルトンと交換でジェリー・スタックハウスを獲得したが、終盤失速し2年連続でプレイオフ進出を果たせず、ジョーダンは引退した。

アリーナスの時代

ギルバート・アリーナス
2003-04シーズン、FAであったギルバート・アリーナスと契約、ニュージャージー・ネッツのアシスタントコーチであったエディ・ジョーダンがヘッドコーチに就任したが、若い選手が多く依然として低迷から抜け出せなかった。
2004-05シーズン、ダラス・マーベリックスから、スタックハウス、レイトナーとドラフト5位指名権でアントワン・ジェイミソンをトレードで獲得、シーズン前の低評価を覆し、ギルバート・アリーナス、アントワン・ジェイミソン、ラリー・ヒューズら主力の活躍によって久々にプレイオフに進出する。翌2005-06シーズンには、FAとなったヒューズを失うも、出場時間を得られず低迷していたクワミ・ブラウンと交換でカロン・バトラーを獲得、新しいビッグスリーを形成するなど的確な補強を行い、2年連続でプレイオフに進出した。
以後の2シーズンはアリーナスの負傷欠場などでチーム成績は横ばい状態にある。またプレーオフ1回戦では3シーズン連続でクリーブランド・キャバリアーズと対戦し、いずれも敗退を喫している。
2008-09シーズンはアリーナスとブレンダン・ヘイウッドが怪我でシーズンをほぼ全休。チームはウィザーズに名称を変更後、最低の成績でシーズンを終えた。
2009-10シーズン、アリーナスがシーズン開幕から先発出場し、プレーオフ返り咲きが期待された。しかし、アリーナスがロッカールームに拳銃を無断で持ち込んだ事が発覚。この不祥事を重くみたリーグはアリーナスと同じくロッカールームに拳銃を無断で持ち込んだジャバリス・クリッテントンをシーズン終了まで出場停止の厳罰処分を下した。この事件後、チームは来季以降の再建を目指して、シーズン中にバトラー、ジェイミソンら主力を次々に放出。新たにジョシュ・ハワードやアル・ソーントンらを獲得したが、ハワードが移籍早々に怪我でシーズン絶望となり、チームも2シーズン連続プレーオフ不出場となった。2009年11月24日にオーナーのエイブ・ポリンが死去した事もあり、チームの雰囲気は最後まで暗いままであった。

ウォールとビールの時代

ジョン・ウォール
2010-11シーズンは、2010年のNBAドラフト全体1位指名権を獲得。ケンタッキー大学1年のジョン・ウォールを指名した。一方、チームの牽引役として機能しなくなったアリーナスはオーランド・マジックに放出され、以降チームは下降線を辿り、23勝59敗。
2011-12シーズンは、開幕から1ヶ月でわずかに3勝と最低の成績で、3勝15敗の時点でフリップ・ソーンダーズが解任されアシスタントコーチのランディ・ウィットマンが、暫定ヘッドコーチを務めた。昨年からのチーム状態は改善を見せず、幾度もの連敗を喫し続けたがトレード期限直前にジャベール・マギーらを放出、ネネイを獲得したことにより改善のきっかけが見え、昨シーズンより僅かではあるが勝率を上げ3割以上とした。

ブラッドリー・ビール
2012-13シーズンは、オフに暫定ヘッドコーチだったランディ・ウィットマンが、正式にヘッドコーチに昇格。開幕からチームリーダーのジョン・ウォールが膝の故障で欠場したことが響き、3勝28敗と不調を極めたが、ウォール復帰後は24勝25敗と改善され、エメカ・オカフォー、トレヴァー・アリーザらの補強や、ルーキーのブラッドリー・ビールが期待された働きを残し、翌シーズンのプレーオフ進出に希望を残した。
2013-14シーズンは、マルチン・ゴルタットの加入でフロントコートの厚みが増し、アンドレ・ミラーらの加入で控えの層の厚さも増し、44勝38敗、イースト5位で久々のプレーオフ進出を果たすと、1stラウンドは4勝1敗で4位のシカゴ・ブルズをアップセットし、インディアナ・ペイサーズとのカンファレンスセミファイナルへ進んだが、2勝4敗で敗退した。
2014-15シーズンは、元ボストン・セルティックスで、2008年NBAファイナルMVPのポール・ピアースを獲得。優勝経験のある大ベテランの相乗効果で開幕ダッシュに成功。常に安定した戦いぶりで、2年連続でプレーオフ進出を決めた。1stラウンドはトロント・ラプターズを4戦全勝で退けた。セミファイナルのアトランタ・ホークス戦は、第3戦のピアースの決勝ブザービーター3ポイントシュートで2勝1敗と先勝したものの、その後接戦を落とし3連敗で2勝4敗で敗退した。
2015-16シーズンは、ブラッドリー・ビールがシーズン通して怪我がちでフルにプレー出来ず、ウォールに負担が増えるという悪循環に陥ってしまう。シーズン途中にマーキーフ・モリスを獲得するなどてこ入れを計るも事態は好転せず、4月にプレーオフ不出場が決定。結局は41勝41敗に終わり、ランディ・ウィットマンHCはシーズン最終戦終了後に解任された。
新HCにオクラホマシティ・サンダーを躍進させたスコット・ブルックスを招聘したウィザーズは、ブルックスHCのサンダー時代の教え子でワシントンD.C.出身のケビン・デュラントの獲得を試みるも、敢えなく失敗。2016-17シーズンは開幕当初は大きく出遅れたものの、徐々に調子を上げ快進撃を展開。1979年以来の地区優勝も決めた。
2017-18シーズンはシーズン途中の2018年1月30日にエースのジョン・ウォールを膝の手術の為に離脱するが、2018年3月31日に行われたシャーロット・ホーネッツ戦で2か月振りに復帰し15得点、14アシストを記録した。結局レギュラーシーズンは43勝39敗のカンファレンス8位で終了した。プレーオフではカンファレンス1位のトロント・ラプターズに2勝4敗で1回戦敗退した

スポンサードリンク

ネット民の反応

『皆さん、やりました』って、可愛いか!😆
凄い😍本当に凄い😍この瞬間を見れて、幸せだぁぁぁ
「皆さんやりました!日本人初、NBAです!」(ドラフト指名では)

この言葉は孫の代まで語られる✍️

八村塁NBAドラフト1巡目全体9位指名でウィザーズやばすぎやろ。
日本の宝🇯🇵
同い年の星としてこれからもどんどん日本バスケ界盛り上げて欲しい⛹️‍♂️🔥🔥
八村塁選手が1巡目9位でウィザーズの指名を受けました。「クレイジーですね、信じられない。家族、日本にとってとても意味のあることだと思います」
11〜12位の指名予想を裏切って9位指名!すげー!
スポンサードリンク

ここに漢字が入る日が来るなんて!!!

スポンサードリンク

小学校のときは野球してたんだよね。
中学校からバスケ始めて競技歴は短いのに凄いよ。

スポンサードリンク

#八村塁 選手へ各界からメッセージが届いています。ファンの皆さんの声もぜひお送りください

スポンサードリンク

まとめ

八村塁選手!日本人初の快挙!本当にすごいですね!
これからも是非頑張ってほしいです。