いじめ防止対策推進法

2019吹田市小学校いじめ放置発覚!学校特定?謝罪会見?裁判?

サムネ190613いじめ防止対策推進法重大事態発生

2019年6月12日配信のヤフーニュースによれば、大阪府吹田市の小学校に通う女児が、2015年秋から17年春、同級生からいじめを受け、骨折したりストレスから目が見えにくくなったりしたと12日、市の調査委員会が発表したそうです。

あわせて読みたい
サムネ190418弱いものいじめをするな!
八尾の小6女児は不登校PTSD!いじめ防止対策推進法の重大事態!大阪府八尾市の小学6年生の女子児童が不登校となり、PTSDと診断されている件は「いじめ防止対策推進法の重大事態」とされています。 女子...

女児の校内アンケートにいじめられているとの訴えにも、学校は約1年半にわたって放置、保護者が吹田市教育委員会に被害を訴えた後も、第三者による調査を検討さえしていなかったそうです。

信じられない対応ですが、これは小学校や吹田市教育委員会ぐるみの傷害事件なのではないでしょうか?

子供のいじめの訴えを無視する小学校、親の訴えを無視する教育委員会、吹田市のどこの小学校なのでしょうか?また教育委員会や学校長、担任の先生、いじめた児童の名前など特定されたのでしょうか?

この後裁判になるとどのような罪名となり判決がかんがえられるのでしょうか?

ネットの情報や反応を調べてみました。

スポンサードリンク

吹田市の小学校 集団いじめで障害 学校は1年半放置、女児は骨折や視力障害に

小学校が「いじめ傍観」 1年半放置、女児が視力障害に

出典 6/12(水) 20:33配信 朝日新聞デジタル<ヤフージャパンニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00000055-asahi-soci

大阪府吹田市の小学校に通う女児が、2015年秋から17年春、同級生からいじめを受け、骨折したりストレスから目が見えにくくなったりしたと12日、市の調査委員会が発表した。

女児は校内アンケートにいじめられていると訴えたが、学校は約1年半にわたって放置。

保護者が被害を訴えた後も、市教委は第三者による調査を検討しなかった。

市教委は同日、責任を認め、謝罪した。

 調査委によると、女児は現在5年生。

1年生の秋から3年生になる前の春にかけ、同級生の男児5人からボールを再三ぶつけられたり、階段の踊り場で押されたりした。

一部の男児は女児の家に押し入って2階まで追いかけたり、トイレに閉じ込めたりした。

 女児は16年3月に左足を骨折し、17年3月には目が見えにくくなり、PTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断された。

調査委はいずれも「いじめによるもの」と認定した。

 16年、女児は学校生活を尋ねるアンケートに男児1人の名前を挙げて「けられた。なぐられた。おされた」と記したが、担任教員は深刻ないじめと思わず、女児への聞き取りや男児への指導をせず、管理職にも報告しなかった。

 保護者は17年3月、学校側に被害を訴えたが、担任から「いじめは知らなかった」と説明された。

第三者委員会の設置も求めたが、学校が主体となって調べることが全容解明につながるとして、市教委は約4カ月にわたって放置。

7月に教育委員に報告したところ、設置を促されたという。

 いじめ防止対策推進法は、児童の生命、心身に重大な被害が生じたケースを「重大事態」と定め、学校の設置者による調査を義務づけている。

調査委は「市教委は調査組織を立ち上げる義務を負っていたのに、検討を怠った」と結論づけた。

 調査委員長の上将倫(かみまさのり)弁護士は「学校が組織的に対応していれば、いじめはエスカレートしなかった」と指摘。

市教委について「女児の心身の苦痛に寄り添う姿勢がなく、苦しみを真に理解できていたか甚だ疑問」と強く非難した。

市教委の原田勝教育長は記者会見し、当時の対応について「間違っていた」と責任を認め、近く関係者を処分する方針を示した。

 保護者は大阪府警に被害届を提出したといい、

「学校が放置し、傍観者となったことでいじめがエスカレートしていった。いじめは絶対に起こってほしくないと強く願います」

とのコメントを発表。

代理人弁護士によると、損害賠償を求める訴訟も視野に検討するという。(室矢英樹)

朝日新聞社

スポンサードリンク

ネット民からの反応

吹田市の小学校も吹田市教育委員会も保護者の声をまともに聞いてくれない。私もそうだった。校長からは威圧的な態度、教頭からは無視、教育委員会はまともに取り合ってくれない。大人がいじめをしている以上こどものいじめはなくならない。
キッツイわ…心がエグられる。
同時にいじめたクソガキとその親と教育機関の連中に同等の苦しみ与えたい怒りあり。
このような出来の悪い無能な教諭、担任を懲戒免職にしていくべきなんだがな

第三者委員会によりますと、吹田市の小学校に通う女子児童は1年生だった平成27年の秋ごろからおよそ1年半にわたり、5人の同級生らから暴行や暴言、嫌がらせなどのいじめを繰り返し受けたということです。
全国ニュースになってる吹田市の小学校いじめ問題。
吹田市が出した報告書では小学校は伏せられてるけど500名ぐらいの学校とのこと。
本人 『いじめられました』
担任『、、、』

親『いじめられました』
学校『知らんかった』

親『調査して』
吹田市教育委員会『学校でやって』

スポンサードリンク

吹田市教育委員会謝罪会見

スポンサードリンク

ネット民の情報 1年半もいじめを放置した吹田市の小学校名が特定か?

スポンサードリンク

いじめ防止対策推進法とは

出典 ウィキペディア(20190613時点)いじめ防止対策推進法

概要

いじめへの対応と防止について学校や行政等の責務を規定している。
2011年学校側がいじめはなかったとして隠蔽や責任逃れをしたことが原因で起こった大津市中2いじめ自殺事件が2012年になって発覚して、大きく取り上げられたことが契機となった。
2013年6月28日に与野党の議員立法によって国会で可決成立し、同年9月28日に施行された。

内容

いじめの定義

「いじめ」を「児童生徒に対して、当該児童生徒が在籍する学校(小学校、中学校、高等学校、中等教育学校及び特別支援学校)に在籍している等当該児童生徒と一定の人的関係にある他の児童生徒が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって、当該行為の対象となった児童生徒が心身の苦痛を感じているもの」と定義し、基準を「他の児童生徒が行う心理的又は物理的な影響を与える行為」により「対象生徒が心身の苦痛を感じているもの」と明確にした。

学校の対処方法の明確化

学校の設置者及び学校が講ずべき基本的施策として

道徳教育等の充実
早期発見のための措置
相談体制の整備

インターネットを通じて行われるいじめに対する対策の推進を定めるとともに、国及び地方公共団体が講ずべき基本的施策として

いじめの防止等の対策に従事する人材の確保等
調査研究の推進
啓発活動について定めること。
学校は、いじめの防止等に関する措置を実効的に行うため、複数の教職員、心理、福祉等の専門家その他の関係者により構成される組織を置くこと。

個別のいじめに対して学校が講ずべき措置として

いじめの事実確認
いじめを受けた児童生徒又はその保護者に対する支援
いじめを行った児童生徒に対する指導又はその保護者に対する助言について定めると伴に、
いじめが犯罪行為として取り扱われるべきものであると認めるときの所轄警察署との連携について定めること。
また、いじめられている児童生徒の生命又は身体の安全が脅かされているような場合ただちに警察に通報すること。
懲戒、出席停止制度の適切な運用等その他いじめの防止等に関する措置を定めること。

具体的な対処内容

いじめを受けた児童・生徒が安心して教育を受けられるよう、いじめを行った側の児童・生徒は別の教室で授業を受けさせる
児童・生徒がけがをしたり長期間欠席することを余儀なくされたりするなど重大な被害が起きた場合には、学校が調査を行い事実関係を保護者らに伝えることを義務づけています。
いじめが起きた場合には、学校がカウンセラーの協力を得ながらいじめを受けた児童・生徒を継続的に支援する

重大事態への対処の指針

重大事態の定義

いじめにより当該学校に在籍する児童等の生命、心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めるとき。
いじめにより当該学校に在籍する児童等が相当の期間学校を欠席することを余儀なくされている疑いがあると認めるとき。
学校の設置者又はその設置する学校は、重大事態に対処し、及び同種の事態の発生の防止に資するため、速やかに、適切な方法により事実関係を明確にするための調査を行うものとすること。
学校の設置者又はその設置する学校は、1の調査を行ったときは、当該調査に係るいじめを受けた児童生徒及びその保護者に対し、必要な情報を適切に提供するものとすること。
地方公共団体の長等に対する重大事態が発生した旨の報告、地方公共団体の長等による1の調査の再調査、再調査の結果を踏まえて措置を講ずること等について定めること。

スポンサードリンク

まとめ

小学校名や担任の名前の情報はみつかりませんでした。

分かり次第追記していきたいと思います。

吹田市小学校の事件はいじめ防止対策推進法に規定する「いじめにより当該学校に在籍する児童等の生命、心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めるとき。」に該当しますので明らかに重大事態だと思います。

吹田市の後藤 圭二市長には、いじめ防止対策推進法制定のきっかけとなった大津市中2いじめ自殺事件の時の大津市の越直美市長のように市民のリーダーとして問題解決に敢然と立ち向かってほしいと思います。