暴走老人

2019福岡早良(さわら)区の逆走激突暴走老人の事故概要や対策

サムネ190609緊急事態です!

2019福岡早良(さわら)区の逆走激突暴走老人の事故概要や対策について

6月4日午後7時すぎ福岡市早良(さわら)区百道(ももち)の早良口交差点で、猛スピードで走ってきた乗用車が別の車2台に追突しました。

ニュース動画によりますとものすごい勢いで交差点に突っ込んでいます。

警察の発表では、乗用車は交差点の手前約650メートルの地点から逆走していたとみられ、タクシーなど3台に次々に衝突していました。

ネットから、暴走老人の事故概要や世間の反応について調べてみました。

あわせて読みたい
サムネ190610緊急対策チーム発足
2019浦河町暴走老人5台巻込み事故!暴走老人事故対策最新情報!2019浦河町暴走老人5台巻込み事故!暴走老人事故対策最新情報! 6月8日正午ごろ、北海道浦河町向ヶ丘の県道で、70代の暴走老人が...
あわせて読みたい
サムネ190608事故を起こしてからでは遅いのです!
2019名古屋の87歳の暴走老人は弁護士!中区で車3台が絡む事故2019年6月6日の名古屋の87歳の暴走老人は弁護士!中区で車3台が絡む事故 名古屋の暴走老人による事故が起きました。 ht...
スポンサードリンク

動画 テレ朝ニュースより 車6台が絡み、9人が死傷した福岡市の多重事故

出典 ANNnewsCH 2019/06/05 に公開 https://www.youtube.com/watch?v=QdnEaYjbu6k&t=107s

車6台が絡み、9人が死傷した福岡市の多重事故で、複数のドライブレコーダーや防犯カメラの映像から当時の状況が明らかになってきた。
事故現場の交差点から約700メートルの場所で、小島吉正さん(81)が運転する車はまず、走行中の前方車に後ろから接触。
このはずみで反対車線へはみ出し、逆走を始めたと警察はみている。
その後、軽乗用車やタクシーと衝突しても車は止まらず、速度を上げながら車2台が右折待ちをしていた交差点へ侵入。
後ろから衝突された1台は衝撃で横転した。
専門家は、交差点から200メートル手前で小島さんの車は時速110キロ以上出ていて、その後、さらに加速した可能性があると分析する。
この事故で、小島さんと同乗していた妻の節子さん(76)が死亡した。
小島さんは4日前に「自分も高齢になってきたので、免許証の返納を考えなければいけない」と知人に相談していたという。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

スポンサードリンク

動画 福岡TNC テレビ西日本ニュース 「猛スピードで“逆走”し交差点に突っ込む…高齢夫婦の車が5台に相次ぎ衝突 2人死亡 福岡市」

猛スピードで“逆走”し交差点に突っ込む…高齢夫婦の車が5台に相次ぎ衝突 2人死亡 福岡市 (19/06/05 12:10)

福岡TNC ニュース

4日夜、福岡市早良区で逆走した乗用車が猛スピードで交差点に突っ込むなど計6台が絡む事故があり、9人が病院に搬送され、うち2人が死亡しました。

反対車線を逆走し、猛スピードで交差点に突っ込む車。

衝突された車ははじき飛ばされて歩道に乗り上げています。

事故の瞬間を捉えた映像です。

警察によりますと、4日午後7時すぎ福岡市早良区百道の早良口交差点で、猛スピードで走ってきた乗用車が別の車2台に追突しました。

乗用車は交差点の手前約650メートルの地点から逆走していたとみられ、タクシーなど3台に次々に衝突していました。

【衝突されたタクシー運転手】
「逆走してきたから自分の車線に戻るだろうと思った。
 戻らないから慌ててよけた」

【目撃者】
「とにかくすごいスピードで(交差点に)入って行ったのは見えた」
「スピードは100キロくらい出ていた」

計6台が絡んだこの事故で、乗用車を運転していた福岡市早良区の小島吉正さん(81)と妻の節子さん(76)の死亡が確認されました。

また歩行者を含む7人が救急搬送されましたが、命に別条はありませんでした。

小島さんは先週末、免許の返納を周囲に相談していたということで、警察は過失運転致死傷の疑いも視野に調べています。

スポンサードリンク

事故のあった現場 福岡市早良区百道の早良口交差点付近の地図

スポンサードリンク

毎日新聞記事より 「追突後に急加速 700メートル逆走 福岡9人死傷」

出典 毎日新聞2019年6月5日 11時24分(最終更新 6月5日 13時27分) 追突後に急加速 700メートル逆走 福岡9人死傷 https://mainichi.jp/articles/20190605/k00/00m/040/083000c?inb=ys

福岡市早良区百道の市道交差点付近で4日夜、ワゴン車が道路を逆走して車5台と衝突し、ワゴン車の2人が死亡、7人が負傷した多重衝突事故で、ワゴン車が交差点から約700メートル南で前の車に追突した最初の事故直後から、アクセルを緩めることなく急加速しながら逆走していたことが、捜査関係者への取材で判明した。

福岡県警が現場付近の車両から入手したドライブレコーダーや、周辺の防犯カメラの映像などを解析した。

現場では目立ったブレーキ痕は確認されておらず、県警はワゴン車を運転し死亡した高齢男性が、何らかの理由で正常な運転操作ができなくなった可能性もあるとみて、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑での立件を視野に捜査している。

 県警早良署によると、死亡したのは、ワゴン車を運転していた福岡市早良区原3の小島吉正さん(81)と同乗していた妻節子さん(76)と判明した。

小島さんは出血性ショックで、節子さんは胸部の外傷で亡くなった。

他に搬送された14~52歳の男女計7人のけがの程度は不明だが、命に別条はないという。

事故は4日午後7時5分ごろ、東西方向の「明治通り」と南北方向の「原通り」が交差する早良口交差点付近で発生。

小島さんが運転するワゴン車が交差点の約700メートル南の原通りで追突事故を起こし、直後から対向車線に飛び出して逆走。

交差点に進入するまで急加速しながら計5台と衝突し、小島さんのワゴン車を含む計2台が歩道に乗り上げた。

 早良署は5日、署の車庫に止めてある複数の事故車両を調べる実況見分をした。

小島さんは現場の交差点から約1.4キロの近所に住んでいた。

友人の70代男性によると、小島さんは数年前から地元の自治会長を務めており、地域の信頼が厚かった。

ほぼ毎朝近所のゴルフ練習場に通うほど元気で、節子さんともよく一緒に外出していたという。

男性は「小島さんは『免許更新をした際の認知機能検査でも問題がなかった』と言っていた。

最近も車に乗せてもらったが運転にも問題がなかった。

信じられない」と肩を落とした。【中里顕、浅野孝仁、一宮俊介、柿崎誠】

スポンサードリンク

ネットの情報や反応

車を運転してたのは80歳代の男性で、同乗していた高齢の女性と共にお亡くなりになったみたい もう「高齢者の運転する車は最高時速が30kmしか出ない」みたいなリミッター設けてもいいのでは…

スポンサードリンク

まとめ

最後までお読みいただき有難うございます。

高齢ドライバーの重大事故がまた起きてしまいました。

アクセルとブレーキの踏み間違えや、逆走は、通常あり得ない事態です。

報道によれば、

男性は「小島さんは『免許更新をした際の認知機能検査でも問題がなかった』と言っていた。

最近も車に乗せてもらったが運転にも問題がなかった。

信じられない」と肩を落とした。

と知人の男性がインタビューに答えておられます。

小島さんは、ある日突然、暴走老人になってしまわれたのでしょうか?

平成29年の道路交通法改正により、

75歳以上の運転者が免許の更新を行うときには認知症検査が必須になりました。

高齢運転者支援サイトに詳しく掲載されています。

しかしながら、ある日突然、しかも運転中に暴走老人に変身してしまうことの対策としては不十分かと思います。

あらゆる対策が急がれます。

あわせて読みたい
サムネ190420アクセルが戻らない!?
2019池袋暴走老人!プリウスのアクセル戻らずは欠陥?運転ミス?2019池袋暴走老人!プリウスのアクセル戻らずは欠陥?運転ミス? https://forester-fan-blog.com/19...
あわせて読みたい
サムネ190512現行犯逮捕
2019名古屋市暴走老人82歳高田容疑者!81歳自転車男性をはねた原因は?事故現場は?2019名古屋市暴走老人82歳高田容疑者!81歳自転車男性をはねた原因は?事故現場は? https://forester-fan-...
あわせて読みたい
サムネ190428そこ入ったらダメやろ!
2019西武新宿線暴走老人は誰?線路に車で進入70代女性「道に迷った」2019西武新宿線暴走老人は誰?線路に車で進入70代女性「道に迷った」 池袋事故後、老人暴走問題が大きな社会問題になっています。 ...
あわせて読みたい
サムネ190422納得できん!
2019三宮市バス暴走老人!大野運転手逮捕!池袋事故は逮捕されず炎上!2019三宮市バス暴走老人!大野運転手逮捕!池袋事故は逮捕されず炎上! https://forester-fan-blog.com...