改正健康増進法

熊本県立大、学生教職員に禁煙治療費助成最大1万円!なぜ?いつから?

サムネ190523禁煙治療費助成拡大

5月21日熊本県立大学は学生や教職員を対象に禁煙治療費の助成を始めたとヤフーのトップニュースに出ていました。

禁煙治療費の助成とはどのような内容なのでしょうか?

何故禁煙治療費の助成制度を始めるのでしょか?

他に禁煙に対する施策の事例はあるのでしょうか?

ネットの情報や反応を調べてみました。

あわせて読みたい
サムネ190507喫煙者不採用拡大
喫煙者不採用拡大!改正健康増進法は望まない受動喫煙環境に罰則!長崎大学や大分大学で喫煙者不採用の発表が報道されました。 企業の喫煙者不採用の動きが拡大しているようです。 喫煙者不採用についてネッ...
スポンサードリンク

熊本県立大学が発表した禁煙治療費の助成とはどのような内容なのでしょうか?

熊本県立大、禁煙治療費を最大1万円助成 学生、教職員対象に

出典:5/22(水) 15:06配信 熊本日日新聞<ヤフージャパンニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00000007-kumanichi-l43

熊本県立大は21日、禁煙外来を受診し、禁煙治療を終えた学生や教職員を対象に治療費の助成を始めたことを明らかにした。

1人1回に限り最大1万円を助成し、受動喫煙の機会を減らす。

 7月から行政機関などの敷地内を原則禁煙とする健康増進法の改正を踏まえた措置。

大学が学生らの禁煙治療の治療費を助成するのは珍しい。

 助成事業は5月10日に開始。

学生や教職員はどの医療機関に通院してもよく、治療終了後に領収書を添えて大学側に請求すれば助成を受けられる。

県職員の福利厚生を担う「地方職員共済組合県支部」が同様の事業を実施しており、参考にしたという。

 同大総務課によると、喫煙の程度にもよるが、通常は治療終了までに5回ほどの通院が必要。

ニコチンを皮膚から吸収する「禁煙パッチ」の処方などで1万~2万円の治療費が生じるという。

 同大は、7月1日から敷地内を全面禁煙とする方針も公表。

同課は「望まない受動喫煙を防止し、学生や教職員の健康増進に努めたい」としている。(臼杵大介)

(2019年5月22日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

スポンサードリンク

熊本県立大学が発表した禁煙治療費の助成に対するネットの反応

タバコ吸う人間からは何らかの形で税金徴収して欲しいだよなぁ~
所得税とか住民税に上乗せする形で。

それから嫌煙家の人で、たばこの煙を吹きかけられたという理由で訴えてくれる人いないかなぁ~
体液が暴行罪になるなら煙もなるはずなんだけど。

この手の話はさ
元々喫煙してない人が不遇になるよね?

なんで自分勝手で不健康な人が健康になる為の支援をして
元々健康な人には何もないの?
てか禁煙ていつのカウント?
5年後とかに吸い出したら無駄金じゃん。

援助するなら非喫煙者にメリットのある援助しなきゃだよ。

とりあえず1万円もらって、また喫煙する人が現れないかな?ダイエットのリバウンド的な…
スポンサードリンク

熊本県立大学以外の禁煙治療費の助成に対するネットの情報や反応

吹田市関係20190123配信

茨城県龍ケ崎市関係20190405配信

岩手県雫石町関係20190320配信

神奈川県中井町関係20190228配信

千葉市関係20180324配信

金沢市関係20170317配信

高知県関係20160117配信

スポンサードリンク

まとめ

禁煙治療費の助成に対する動きは今年に入って加速がついているようです。

2018年成立した改正健康増進法ではついに、望まない受動喫煙をさせた個人や施設管理者に罰則規定が設けられました。

その施行については本年2019年、7月には公共施設、そして来年2020年4月には全面施行となります。

喫煙ルールの厳格化について個人も組織もきちんとした知識が必須の時代になったようです。

厚生労働省発表のサイト情報はこちら

■受動喫煙対策

■「なくそう!望まない受動喫煙」

■改正健康増進法の施行に関するQ&A