ニュース

栃木県昨年末の外国人住民過去最高4万659人に!ベトナム増加顕著!

サムネ190410外国人住民問題

栃木県は、県内市町の住民基本台帳に基づく外国人住民(昨年12月31日時点)が前年比4・7%増の4万659人だったと発表しました。
過去最高だそうですが、改正出入国管理法(入管法)が1日に施行され、人手不足から県内でも外国人材を受け入れる企業が増えるとみられ、今後も増加が予想されています。

外国人住民の今後の進展が気になるところです。
中でも栃木県は県人口に占める割合が2.08%、外国人増加率の高い県だそうです。
外国人住民受け入れへの対策などネットから集めてみました。

スポンサードリンク

外国人住民、最高4万659人 栃木県昨年末 ベトナムの増加目立つ

外国人住民、最高4万659人 栃木県昨年末 ベトナムの増加目立つ
4/10(水) 7:55配信 産経新聞
県は、県内市町の住民基本台帳に基づく外国人住民(昨年12月31日時点)が前年比4・7%増の4万659人だったと発表した。外国人の登録制度が変更された平成24年から6年連続で増加し、過去最高。外国人労働者の受け入れ拡大を図る改正出入国管理法(入管法)が1日に施行され、人手不足から県内でも外国人材を受け入れる企業が増えるとみられ、今後も増加が予想される。

国・地域別では、中国が最も多く6747人(前年比1・9%増)。次いで、ベトナム5706人(25・5%増)▽フィリピン5479人(4・4%増)▽ブラジル4058人(2・0%減)▽ペルー3059人(0・7%減)-などとなっており、5カ国で全体の約62%を占めた。

ベトナムからの増加が目立ち、県国際課は「経済発展に伴い、日系企業の進出が多い地域が増加している。今後は、入管法の施行で雇用の確保に利用できることから、さらなる増加が想定される」とした。

市町別の外国人数は、宇都宮市が最も多く9530人(前年比403人増)、次いで小山市が6697人(185人増)。外国人が占める割合が高いのは、真岡市の4・17%(0・06ポイント増)、小山市の3・99%(0・1ポイント増)などだ。

住民基本台帳法が適用される外国人は3カ月以下の在留期間や公用以外の中長期在留者、特別永住者ら。永住者1万3358人(77人増)▽技能実習6982人(1188人増)▽定住者3981人(18人減)▽留学3295人(185人増)▽技術・人文知識・国際業務2549(495人増)-などとなっている。

国・地域数は115カ国・地域で、アジアが最も多く全体の77・4%を占めた。県人口に占める割合は0・1ポイント増の2・08%だった。(楠城泰介)

出典:4/10(水) 7:55配信 産経新聞<ヤフージャパンニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000034-san-l09

スポンサードリンク

栃木県内地域特性

スポンサードリンク

市内に増え続けるスリランカ人

スポンサードリンク

改正出入国管理法(入管法)関連の情報

2018年10月26日日経ビジネス記事(入管法改正成立前)入管法改正「なし崩し移民」の期待と不安

外国人「定住政策」の整備急げ  磯山 友幸 2018年10月26日

2つの在留資格を新設する

 2018年の臨時国会が10月24日開幕した。
政府が最重要法案と位置付けるのは入国管理法改正案。
新たな在留資格を作って外国人労働者の受け入れを拡大するのが狙いで、今国会中の成立を目指す。

 改正案には2つの在留資格の新設を盛り込む。
「特定技能1号」という在留資格は、一定の知識・経験を要する業務に就く人材を対象に、日本語試験や簡単な技能試験に合格した外国人に、最長5年の在留を認める。
もう1つの「特定技能2号」という在留資格は、熟練した技能が必要な業務に就く人材と認められた外国人に認め、在留期間の更新を可能にするというもの。
後者については家族の帯同も認める。
今国会で成立すれば、2019年4月から導入したい考えだ。

 安倍晋三首相は「いわゆる移民政策は採らない」と繰り返し表明しているが、今回導入される新資格はこれまでの方針を180度転換するものになると見られている。
これまで日本は、いわゆる単純労働に当たると見られる業種については外国人の就労を認めてこなかった。

 技能実習生などの「便法」によって事実上、単純労働力を受け入れてきたが、実習生が失踪してより割の良い業種で不法就労するなど、問題が顕在化している。
一方で、人手不足は一段と深刻化しており、外国人労働者「解禁」を求める声も強い。そんな中で、政府が打ち出したのが在留資格の新設だ。

 2018年6月15日に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2018」、いわゆる「骨太の方針」では「新たな外国人材の受け入れ」として以下のような文章が書きこまれた。

 「従来の専門的・技術的分野における外国人材に限定せず、一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人材を幅広く受け入れていく仕組みを構築する必要がある」

 「このため、真に必要な分野に着目し、移民政策とは異なるものとして、外国人材の受入れを拡大するため、新たな在留資格を創設する」

 「また、外国人留学生の国内での就職を更に円滑化するなど、従来の専門的・技術的分野における外国人材受入れの取組を更に進めるほか、外国人が円滑に共生できるような社会の実現に向けて取り組む」

 当時の報道では、政府が検討している「真に必要な分野」は、「建設」、「造船」、「介護」、「農業」、「宿泊」の5分野とされていた。
それでも、これまで単純労働とされてきた「農業」や「宿泊」が「特定技能」として認められるとなれば、政策の大転換である。

人手不足はこれからが「本番」

 ところが、その後、5分野以外の業界団体などから「うちも加えて欲しい」という強い希望が寄せられた。
人手不足にあえいでいるのは5分野に限らない。
臨時国会を前に報道されたところでは、「建設業」、「造船・舶用工業」、「介護」、「農業」、「宿泊業」の5分野に加え、「ビルクリーニング」、「素形材産業」、「産業機械製造」、「電気・電子機器関連産業」、「自動車整備業」、「航空業」「漁業」、「飲食料品製造業」、「外食業」の9分野が加わっている。

 コンビニエンスストアなど、今でも外国人留学生アルバイトを大量に雇用している業界からも希望は出されているが、小売りにまで対象を広げれば、ほぼ全業種に広がってしまう。
外国人労働者に「単純労働」を全面解禁することになるわけだ。

 政府が外国人労働者の全面解禁に事実上踏み切る背景には、言うまでもなく深刻な人手不足がある。
これまで高齢者や女性の就業率の上昇が続いてきたにもかかわらず、有効求人倍率は高度経済成長期並みの高水準が続いている。

 だが、働く人の数の増加はいつまでも続くわけではない。
人口減少が本格的に始まっており、若年層の働き手は減少している。
安倍首相の「1億総活躍」や「女性活躍推進」によって、65歳以上の就業者は今や800万人に達し、15歳から64歳の女性の就業率も初めて70%に乗せた。

 しかし、人口の大きな塊である「団塊の世代」は2022年に後期高齢者(75歳)に達し、嘱託などとして働いていた職場からの「引退」が本格化し始めるとみられる。
そうなると65歳以上の就業者数の増加はそろそろ見込めなくなってくる。つまり、人手不足はこれから「本番」を迎えるわけだ。

 移民政策は採らない、と言いながらも、事実上の移民受け入れに転換したのは、そんな差し迫った理由からだ。

 もっとも、安倍首相が「いわゆる移民政策は採らない」と言い続けていることで、将来に禍根を残す懸念が生じている。
移民政策は採らないということは、受け入れる外国人労働者は「いずれ本国に帰ってもらう」ことが前提ということになる。
将来にわたって日本に定住し、社会を支える役割を担ってもらうという発想を「封印」しているのだ。

 これは1950年代から60年代にかけてドイツがトルコなどから大量の労働者を受け入れた「ガストアルバイター」、お客さん労働者を彷彿とさせる。
彼らは本国には帰らず定住していったが、ドイツ社会の底辺を形成し、様々な社会問題を起こした。
「移民問題」と言った時に日本人が想像する問題は、そんな半世紀前のドイツの受け入れ政策に原因があった。

 2000年代になってようやくドイツは自らを「移民国家」であると定義しなおし、外国人の権利保護と同時に「ドイツ市民」となるためのドイツ語教育や生活ルールや法律などを教える公民教育を義務付け、実施するようになった。

外国人摘発に焦点を当てたテレビ番組が相次ぐ

 日本政府も方針転換に当たって、そうした外国人の定住を前提にした受け入れ策を整備するはずだった。
入国管理局を格上げして「入国在留管理庁」を来年4月にも発足させる計画だが、「在留」という言葉を加えて「入国管理」の水際規制だけでなく、在留中の外国人のサポートを行う官庁への脱皮を見込んでいる。

 ところが、旧来の法務省の入国管理行政は、水際で問題外国人を「排除」することや、不法滞在している外国人を「検挙・送還」することにウエートが置かれてきた。
外国人を「生活者として受け入れる」という視点が欠落しているのだ。

 9月から10月にかけてテレビの民放各局で、こうした入国管理局の外国人摘発に焦点を当てた番組が立て続けに流れた。
入国してくる外国人は問題外国人ばかりだという誤った印象操作になりかねないとして、批判の声が挙がっている。
あまりにも各局立て続けだったことから、入国管理局側が広報として売り込んだのではないかという疑惑まで生じた。
これまでの法務省入国管理局に、外国人の日本での生活を支えようという視点がほぼない事を如実に物語っている。
局が庁に格上げになったとして、外国人の定住促進に向けたドイツ型の政策が採られるかどうか現状では危うい。
これもひとえに、安倍首相が移民ではないという建前に固執していることが根本原因と言える。

 いずれにせよ、法律が通れば、これまで単純労働とみなされてきた職業分野にも外国人労働者が大量に入ってくることになる。
実質的な移民受け入れへの政策転換には、自民党内からも異論が多い。
単純労働に外国人が入ってくることで「若者の仕事が奪われる」と目くじらを立てる議員もいるが、これは的外れだろう。
高齢者の就業が増えたことで若者の仕事が奪われたかというと、そんな問題は起きていない。それほどに人手不足は深刻なのだ。

 だが、優秀な外国人が増えてくれば、それだけ日本人の若者に職業人としての高い能力が求められるようになるのは事実だろう。
流ちょうな日本語を話し英語も上手な中国人留学生は数多い。
彼らが高度人材として日本社会で本格的に活躍し始めれば、出来の悪い日本人学生は就職活動で負けることもあり得るわけだ。
単純労働の世界よりも、高度人材の方がより競争は激しくなる。

 また、単純労働に近い分野でも、彼らを「安い労働力」とすだけならば、そのしっぺ返しが日本人に及ぶ。
そうした分野の給料が上がらなければ、その余波は、そこで働く日本人にとっても他人事ではない。
むしろ外国人労働者にも同一労働同一賃金を徹底し、最低賃金を企業に守らせることが重要になってくる。
法律が通れば、来年4月を機に、日本の労働界は急速に変化し始めることだろう。

出典:2018年10月26日日経ビジネス記事より https://business.nikkei.com/atcl/report/16/021900010/102500079/?P=1

安田浩一著『団地と移民』

NHK【取材して欲しいことお教え下さい】

ビザを取得して終わりではありません。必ず住民登録をしましょう!

スポンサードリンク

まとめ

栃木県だけの問題ではありません。
ますます増える外国人住民。
すべての住民にとって法に基づくさまざまな知見と対応策が必要になっていきますね。